コウノトリ再配達

フィフティ・イージー・ピーセス(第12話)

Fujiki

小説

2,037文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

「はい、――市役所子ども家庭課でございます」

「うちの子がコウノトリにさらわれました。すぐに返してください」

「はあ、なぜさらったのがコウノトリだと?」

「そりゃ分かりますよ。羽根が部屋じゅうに落ちてるんですから。ガラス窓まで割って、子どもがケガしてたらどうしてくれるんです?」

「まあ落ち着いて。コウノトリは理由もなしに子どもを連れ去ったりはしません。まずは状況を聞かせてください。お子さんはおいくつで?」

「二歳です。今度の十月で三歳になります」

「まだ小さいのね。それでコウノトリが来たとき、あなたはその場にいたんですか?」

「……いえ、一人でアニメを見させていました」

「まあ、ネグレクト!」

「人聞きの悪いこと言わないでください。夕ごはんを作っててちょっとお隣にお醤油を借りに行ってただけです」

「でもまだ二歳の子どもをほったらかしにしておくなんて問題あるとは思いませんか? ご主人はどうしていたんです?」

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第12話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

会話劇

"コウノトリ再配達"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る