ユートピアへの入り口

フィフティ・イージー・ピーセス(第18話)

藤城孝輔

小説

2,522文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。2015年大阪ショートショート大賞佳作。

島の大学を卒業した彼は、故郷を離れてユートピアへの入り口に並ぶことにした。ユートピアは何不自由ない生活が保障され、あらゆる夢が叶う場所。希望に胸をふくらませた若者たちは入り口の前の行列にこぞって加わった。

島には仕事の口がないし、一応国立とは言っても地方大学の肩書きだけでは本土の優秀な学生にはとても太刀打ちできない。彼にとってユートピアへの入り口は幸福を手にする唯一のチャンスだった。

国じゅうから人が集まってくるわけだから、行列の長さも相当のものである。もちろん彼のいる最後尾からは入り口が見えるはずもない。噂によれば入り口の鉄の扉はふだんは固く閉ざされており、一日に数人しか入るのを許されないのだという。基本的に前列の状況について情報が入ってくることはほとんどない。治安維持のために自動小銃を肩から下げた兵士が列のそばを常に巡回しているが、彼らは不機嫌な顔をして口をつぐんだままである。誰かが撃たれたという話は一度も聞いたことがないけれど、おとなしくしておくに越したことはないだろう。

列にいても生活はしなければならない。彼は収入を得るために内職をはじめた。封筒に切手を貼る単純作業である。大学では十九世紀フランス文学を学んだが、バルザックやボードレールについての知識は列の中では役に立ちそうにもない。何年か前に出た新訳のバルザック全集を彼は背負って持参していたが、結局読まずに積み重ねて作業台代わりに使っている。丸一日舌がカラカラになるまで切手をなめ、回収に来る業者からその日の報酬を受け取る。貯金はいつまでたっても増えないが、日々の生活にはそれで事足りた。

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第18話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 藤城孝輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF

"ユートピアへの入り口"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る