茉莉子、さんぴん茶、僕

フィフティ・イージー・ピーセス(第22話)

Fujiki

小説

2,212文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

茉莉子の汗は、さんぴん茶の香りがした。もちろん茉莉子はさんぴん茶に使われている茉莉花にちなんだ仮名だし、汗のにおいから安直に名前をつけられるなんて本人にしてみれば心外かもしれない。それでも、彼女の汗のにおいが一番印象に残っているんだからこれはどうしようもない。今はもう付き合っていないから本名を使うわけにもいかないし。

それに本人にも少しは責任がある。僕の記憶にある限り、茉莉子は常にペットボトルのさんぴん茶を手にしていた。黄色いラベルに包まれた金色に輝くお茶。僕の中でそれはもはや彼女と切っても切り離せない存在だった。たぶん体内に吸収されたさんぴん茶は全身の血管をめぐり、汗に混じってにじみ出ていたのだろう。さんぴん茶を口に含んだときに広がるジャスミンの花の強烈な甘い香りは、いつも瞬時に茉莉子を脳裏に呼び起こした。

あのころの僕の使命は、茉莉子に制汗剤を使わせないようにすることだった。体育の授業のあとになると、制汗スプレーのガスが教室じゅうに充満して呼吸すらできないくらいである。誰もが自意識過剰になって自分の体臭を消し去ることに必死になっていたけれど、さいわい茉莉子は自分の体からさんぴん茶の匂いが発せられていることにまったく気づいていなかった。

「8×4のにおいって、きつくて目が回りそうだよね」などと僕が言うと、茉莉子は素直にうなずいた。女性的な身づくろいにもまったく無頓着で、化粧をしているのを見たことがない。腕の産毛は未処理のままそよ風になびいていた。

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第22話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

学園モノ

"茉莉子、さんぴん茶、僕"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る