ダニューブの漣

フィフティ・イージー・ピーセス(第24話)

Fujiki

小説

2,066文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

「四年前にサイゴンで観たあの映画を憶えているか? あれは美しかった」

ちょう参謀長は、ふと思い出したように八原高級参謀に言った。長が突然柄にもなく映画の話を持ち出したので八原は一瞬戸惑ったが、すぐに『ダニューブのさざなみ』のことを言っているのだと思い当たった。

一九四一年、八原は第十五軍参謀としてインドシナ南部の都市サイゴンに駐留していた。あてがわれた宿は軍の御用達となっている西洋ふうの高級ホテル。「日本ホテル」と呼ばれてはいたものの、もとはインドシナを統治していたフランスの富裕層向けに一九二〇年代に建てられたものである。長が南方軍司令部に随行してサイゴンに出征してきたとき、八原は既に彼の評判を聞き及んでいた。南京攻略で捕虜の殺害を命じたことなどで知られる好戦的で血の気の多い危険人物として、長は陸軍の中でも恐れられていたのである。

日本ホテルでは何かにかこつけて連夜のごとく政府の晩餐会が開かれていた。賓客一人一人に給仕がつき、洋式のコース料理ではじまり談話室での葉巻とウイスキーで終わる格式ばったパーティーが飽きることなく儀式のように繰り返された。

「どうも堅苦しいのはかなわん」と言う長に連れられ、英語が堪能な八原は通訳兼付き添いとして二人でよく街に繰り出した。象牙色の豪奢なホテルを一歩出ると、街は猥雑な雰囲気に満ちている。行き交う自転車が巻き上げるほこりをかぶり、路上の物売りはまるで物乞いのようだった。道路を挟んで向かいの川には漁師や果物売りの木舟が浮かんでいた。

あの夜、なぜ長が映画を観ようと言い出したのか、八原には思い出せない。酒と現地の女にも飽きて、よほど退屈していたのであろう。満月の輝くその夜、二人はホテルの横にある古びた映画館に入った。劇場へと続く重い扉を開けると、タバコの煙のにおいでむせ返るようだった。上映されていたのは『ダニューブの漣』という題の古い無声映画である。生の伴奏音楽の代わりに、レコードに録音されたクラシック音楽がかかっていた。ダニューブがドナウ川を意味することにちなんでか、曲はイヴァノヴィチの「ドナウ川のさざなみ」だった。

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第24話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

歴史小説

"ダニューブの漣"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る