猫の墓場

フィフティ・イージー・ピーセス(第25話)

Fujiki

小説

2,085文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

雨あがりの森は湿り気を含んでむせかえるようだった。足を踏み出すたびに苔に覆われたぬかるみの中に沈んでいきそうになる。中身の詰まったリュックサックがマヤの両肩に食い込んだ。

しばらく歩くと、手前の木の枝に白いビニール袋がぶら下がっているのが見えた。薄暗い森の中でビニールの白さは格段目を引いた。固く縛った口の部分にはハエが何匹もたかっている。袋の中身は黒々として、濁った水に浸っているようだった。

「触っちゃダメだよ、汚いから」

唐突に聞こえてきた男の声に、マヤは驚いて振り返った。Tシャツを着た背の高い長髪の青年が大股で近づいてきた。

「猫の死骸だよ。麓の村では、死んだ猫を地面に触れさせると魂が道に迷ってあの世にたどりつけないって言われていてね。ただの古い迷信なんだけど、こうやって実際に吊るしてあるのはボクもはじめて見た」そう言って彼は拾った小枝で物珍しそうに袋をつついた。

神宮寺じんぐうじと名乗るその青年は東京から来た写真家だった。蝶の写真を撮りに毎年この森を訪れるのだという。

2018年4月29日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第25話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー

"猫の墓場"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る