燃えかす

フィフティ・イージー・ピーセス(第27話)

Fujiki

小説

2,005文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

第一発見者は犬を散歩中の主婦、石垣セツだった。九月三十日午前六時三十分ごろのことである。石垣セツは通りかかった運動公園の一角で芝生が黒く焼けて煙がくすぶっているのを見つけた。周囲には鼻を刺すガソリンと脂の焦げるにおいが漂っていたという。

はじめ彼女は誰かがバーベキューで悪ふざけをしてボヤを起こしたのだと思った。芝生の焦げた部分に近づくと、中心に黒い大きな塊が横たわっているのが見えた。鼻を押し当てようとする犬のリードを手繰り寄せながらよくよく確認してみたところ、その塊は人間の形をしていた。

一見して性別や年齢は分からない。真っ黒な体は身をよじるようにねじ曲がっており、むき出しの歯だけが朝日を反射して光っている。目玉の溶け落ちた眼窩の深い闇がぽっかりと虚空を見つめていた。空に向かって伸びた手の先に石垣セツがそっと触れると、炭のように干からびた指がポロリと落ちた。

運動公園の駐車場には焼死した人物のものと見られる自動車が停まっていた。タンクからはガソリンがすべて抜き取られていた。車内に残されていた財布の中の免許証から人物の身元が特定された。満島薫みつしまかおる、四十五歳、男性。所持金は一万八千円と小銭。クレジットカードは二枚。

2018年4月30日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第27話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー

"燃えかす"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る