ラップ男

フィフティ・イージー・ピーセス(第29話)

Fujiki

小説

2,421文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

五月のある晴れた午後、近所の公園のため池でスケッチをしていたらラップ男に出会った。ラップ男は常にラップを口ずさんでいるので一目ですぐに分かる。私は鉛筆を持った手を休め、通りすがりの人々に歌いかけるラップ男を観察した。色あせた虹色のTシャツを着た彼は、ひょろ長い体格をしていて周りより頭一つぬきんでて見える。日に焼けた顔は年齢が分かりにくいが、少なくとも三十は越えているだろう。

「……惰性で生きてくなんてだせぇ。弾けて自分のカラーを出せ。殻を破って一気呵成。勢い余って旭化成。ヘイヨー!」

「ママ、あの人なーに?」と、ラップ男を指さして幼児が母親に訊いた。

「見ちゃダメ! 知らんぷりしてなさい」

「うわっ、いい歳して中二病かよ。ヘイヨーとか、めっちゃださいんですけど」と、市内の中学校のジャージを着た少女が連れの女子生徒に言い、ゲラゲラと笑いながら歩き去った。

ラップ男は周囲から注がれる冷たい視線などいっこうに気にしていない様子である。満面の笑みを浮かべながら、まるでファンサービスに心を砕くスターのように一人一人に対して愛想よく振舞っている。彼がため池に近づいてきたのを見て、次は私の番かと息をのんだ。

2018年4月30日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第29話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"ラップ男"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る