詐欺にあう

フィフティ・イージー・ピーセス(第28話)

Fujiki

小説

1,877文字

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』収録作。

国道を横切る横断歩道はなかなか信号が青にならない。車社会における少数派マイノリティである歩行者は目の前を時速六十キロで自動車が滑っていくのを見ながらいつまでも待ち続けなければならないのだ。これは急いでいるときには特につらいことである。乗るべき方向のバス停は道の向こう側にあって、乗るべきだったバスは目の前を通り過ぎていく。でも私にはどうすることもできない。結局、信号が変わるのを待って道を渡っても、バス停で長々と次のバスを待ち続けるはめになる。

そのおばあさんに背後から小さな声で呼びかけられたときも、私はバス停に向かう横断歩道の前で長い信号待ちをしていた。あまりにも小さなその声は走る車の轟音にかき消され、はじめ私は何も聞き取ることができなかった。人の気配を感じて振り返ると、小柄なおばあさんが口をパクパクさせて何かを訴えながら私に向かって歩み寄ってくるところだった。サイレント映画だったら飾り文字で書かれた字幕のショットに切り替わる場面だ。

しかし現実の世界ではそう安易に場面が変わったりはしない。何しろ車がうるさかったので、私は大きな声で聞き返した。

「ちょっと、聞こえにくいんですが?」

「……その、バスがね」

2018年4月30日公開

作品集『フィフティ・イージー・ピーセス』第28話 (全50話)

フィフティ・イージー・ピーセス

フィフティ・イージー・ピーセスの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2018 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

私小説

"詐欺にあう"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る