日本列島SOS!警察24時年末緊急スペシャル ~日本の治安は俺たちが守る!~

Juan.B

小説

6,760文字

※2016年11月31日某民放放送分
※付 2017年2月29日「新たなる使命」某民放放送分

日本列島SOS!警察24時年末緊急スペシャル 

~日本の治安は俺たちが守る!~

(2016年11月31日放送)

 

 

日本の夜は古来、静かなものだった。

聞こえるのは鳥獣の鳴き声とせいぜい夜這いに向かう足音ぐらいのものだった。

だが最近の日本の夜はどうだろうか。

俺達は日本の夜を乱す奴らを許さない!

 

そう意気込むのは警視庁管下某警察署生活安全課のボス、勤続20年のベテラン佐藤警部だ。

 

日本の治安は近年急激に悪化している!

在日外国人やそれに伴う混血の増加とともに、近隣住民の不安は高まり、安心して暮らせない人々が増えている!

今日も早速通報が入る!

 

「はい、もしもし事故ですか事件ですか」

「が、ガイジンが歩いてるんです」

「どこで!何名ぐらいですか!どんな肌の色をしていますか!」

「狗疎商店街を、一人で、肌は……泥みたいな色してる」

「褐色ですね!」

「そう……」

「何語を喋っているか分かりますか」

「一人だから良く分かりません」

「どうも通報ありがとう」

 

佐藤警部は急いで連絡を回し、日本の土地を汚すガイジンの包囲を命令した!

俺達の愛する町にその穢れた足で踏み入れたやつは絶対無事に帰さない!

 

佐藤巡査部長はカメラに向け語りかけた。

 

「ガイジンが居ると窃盗、暴行、強姦、詐欺、何でもやらかしよりますよ、目に入るだけで公務執行妨害だしね」

 

そう語る佐藤巡査部長の笑顔は光り輝いていた!

日本の治安は俺達が守る!その心が佐藤の顔を輝かせるのだ!

 

「池田はチョン語が専門、橋本もシナ人の相手が得意、相手の肌は褐色だから……」

 

佐藤巡査部長の推理がさえる!

 

「うちの署にスペイン語とかポルトガル語を分かる奴がおらんでな、応援呼ぶしかない」

 

その頃、通報の連絡を受け現場にパトカーが急行していた。

 

「エークソショウテンガイニキューコーチュードーゾ」

 

東京の安心は俺達が守る!パトカーは治安を守る最高の足だ!

そう語るのは吉本巡査部長。その傍らに座るのは頼もしい後輩の婦警、草薙巡査!

 

「ガイジンですか」

「忌々しいんだよクソアメ公が、ヘレンケラーなら空港中だけ歩いてろってんだ、日本の土地を踏むんじゃねえ」

「さすがです、先輩、本当にその通りです、すばらしい、絶頂するくらい素晴らしいですよ」

「だろ?」

 

ああ、草薙婦警のような人物がもっと日本に増えてくれれば!

 

「いたぞ!あいつだ!」

 

一際高まる興奮!街をうろつく薄汚い犯罪者を始末する時ほど心高まる時は無い!

 

吉本と草薙は颯爽とパトカーから降りると、リュックを背負い褐色の肌をした青年に近付いた。

 

「何をしている!」

「?」

「どこから来た!何をしている!」

「私は近所の者ですガ……」

「お前は日本人じゃないだろう!」

「私は日本人ですヨ」

「日本語を喋っているからと言ってそうとは限らないのだ!」

 

そう!日本語を喋っているからと言って日本人とは限らない!最近は日本の国体の破壊を目論む薄汚いスパイや外患シンパも増えている!

 

「私はハーフなんでス」

「ハーフとは何だ、ピザか、お前は」

「知らないよ、私は日本人だヨ」

「黙れ!誰が日本人かは我々が決めるんだ!パスポートを出せ!」

「日本国籍の者がパスポートを持っている訳無いでしょウ!」

 

パスポートを持っていない……これは益々怪しい!社会に対する詐欺だ!治安のためにも彼を許すことは出来ない!

 

周囲から更に警官が集まってきた。

 

「職質に素直に応じないのか!」

「応じる理由が無イ」

「太え野郎だ!連れて行け!」

「待てッ、何をす……」

 

警官達は薄汚い混血を組み伏せて拘束した!こうしなければ日本の治安は保たれないのだ!パトカーの中で暴れる混血を、吉本は一喝する!

 

「お前みたいな奴のせいで日本が穢れるのだ!」

「AAAAAhhhh!」

「この町は指一本たりとも怪しい奴に触れさせない!この町!この人々!この風景!嗚呼!」

 

パトカーの中では依然混血は暴れている。草薙は混血に名前を問うた。

 

「あなた、名前を言いなさい」

「出せええ!俺は何もしていないぞ!」

「名前って聞いてるんだよ」

「だ、だせっ」

「名前もいえないの?日本人を名乗る癖に?」

 

草薙の、正義に燃える舌鋒が悪漢を撃つ!こうしてこの町からまた一人、犯罪者の様な奴が消えた!

 

この様に町の治安を守る佐藤警部には大切にしている習慣がある。空いた時間があればいつでも神社に参拝し古来の神々に祈るのだ。毎月の靖国神社参拝も欠かさない。

 

「心が洗われる気がしますよ……いや、気じゃないんだ、これは事実なんだ、日本古来の神々が、八百万の神々が、私に治安を守れと命令を下しているんですよ、分かりますか、警察は日本の治安を守る神聖な義務がある、自衛隊にも、消防隊にも……良いですか、私は断じて戦うんだ、日本の治安を守り、外患から、薄汚いガイジンや混血どもから、ジャンキーからヤンキーから、正常な心を失った精神障害者だの発達障害者だののキチガイから、分かるか、私は戦ってるんだ!嗚呼!」

 

靖国神社の本殿の前で平伏し微動だにしない佐藤警部。その背中には日本の治安を背負う男の心意気が溢れていた。

 

さて次は飛んで北海道は札幌、ススキノから忌々しい風俗のブタ連中を追い出すために、またアイヌ利権にたかる自称先住民どもを追い出すために奮闘する道警のますらおが……

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

混血革命政府の新たなる使命

2017年革命の永続の為に我々は何が出来るか?

(2017年2月29日放送)

 

 

 

「……」

 

警察署のオフィスは静まり返っていた。同じ部屋で治安のために働いていた仲間達の半数以上は既にこの場に居ない。

 

「……」

「あの、警部……」

「……何だ、加藤」

「九段下方面から早急に応援を求めるとの連絡が」

「もう遅い……今この状況で何が出来るってんだ」

「……」

 

しばらくして、加藤と言う警官は速報を静かに伝えてきた。

 

「……警部、靖国神社が破壊された様です、また既に暴徒は一帯を……」

 

その時、外から何かが打ち込まれ窓ガラスが割れた。

 

「キャアアアアア!」

「伏せろ!伏せろ!もう応戦するな!これ以上は……」

 

外から罵声や怒声が突き上がるように響いてくる。ガラスの割れる音や空砲の音、様々な国の言葉が飛び交う。

 

「何でこんな事になってしまったんだろう……日本の、美徳の時代が終わると言うのか」

「もうダメです!一階は制圧されました!……ああっ!」

 

オフィスの扉や壁に穴が空き、数十名の人々がなだれ込んで来た。

 

「ハロー!ポリ公ども!お前らが自首しに来ねえからこっちから来てやったぜ!」

 

ライフルを片手に、全身にプロテクターを着けた褐色の男がそう半笑いで叫んだ。警官達は皆伏せ、身動きを取れなくなった。

 

「変な事は考えない方が良いぜ……もっともお前らはずっと変な事やってたんだけどな!」

 

そう言い放つと褐色の男は天井に向けライフルを発砲した。更に後ろから何人かの男女の笑い声が響いた。警官達、いや元警官達は低い悲鳴を上げながら地面に伏せている。ある婦警等は失禁すらしていた。

 

「ひ、ひいいい……」

「おい、ちゃんとカメラは回ってるんだろうな」

「は、は、はい」

「何でビビッてんだよ、警察24時撮る時はそんなビビッてたか?え?このクソ放送局が」

 

良く見ると、脅されて拉致されて来たのだろう、民放の取材班らしき人々がカメラを回していた。彼らのすぐ後ろの黒人は拳銃を突きつけている。佐藤はその取材班の一人に、かつて自分を撮影していた石井と言う人物が居るのを見て、やるせなくなり目を伏せた。

 

「おい、イシイ、お前警察24時の企画やってたんだろ、分かってるんだぜ」

「……」

「やってたんだろ?」

「ひ、ひい……」

「やってたのかやってねえのか答えろクソポリの手先が!」

 

褐色の男は再び、今度は石井の足元に銃撃した。

 

「ひいいいいい!やっていました!やっていましたよう!」

「じゃあ佐藤警部ってのはどいつだ!」

「ひ、ひいい、こ、こ、この署に居ると思います、ただそれ以上は分かりませんよう」

「よおし」

 

一団は、警察署の資料などを次々まきあげるとともに、警官達を立たせていった。

 

「おい!どいつだ!」

「あ、あ、あの人です」

 

石井はすぐさま、佐藤警部その人を指差した。

 

「ご苦労!後は俺達のことをじっくり取材してくれよ、警察24時なんかより在日・混血24時の方がおもしれえに決まってる、なんせエログロ満載だからなあ!」

 

一同は笑い声を上げた。

 

「おい、佐藤……」

「……」

「吉本はもうぶち殺したぜ」

「!」

 

歩み出てきた男は、かつて警察24時の撮影中に不審人物として拘束されたあの混血だった。

 

「草薙も今探してる所なんだよ……見つけたら速攻オマンコしてやるんだがなあ」

「……」

「いやあ、あの番組見なけりゃ俺を捕まえやがった連中の名前なんか分からなかったから、警察24時の取材班には感謝しねえとな、なあ石井」

「は、は、は、は、はいいいい、ど、どうもおおおお」

 

石井はなるべく佐藤と目を合わせない様にしながら、ペコペコと混血に頭を下げた。佐藤は目を瞑った。何と情けないことだろう。かつて日本の治安について、警察官と放送局員との壁を乗り越えて熱く語り合ったあの石井が今やこの体たらくだ。もう日本に何も残らないだろう。嗚呼……。

 

「おい、佐藤、お前に絞られた事は良く覚えてるぜ……もうすぐお前の妻子と同じ所にお前を送ってやるよ」

「……!」

「これ、多分お前のガキが履いてたパンツだぜ、いやあ官舎は襲いやすかったぞ」

 

混血は、白い女児用ショーツを佐藤の顔に投げ付けた。確かに娘のものだった。

 

「……!……こ、こ、この、クズめ!このおおおお!」

「うるせえ!誰がクズだ!権力のクズが!」

「ロッド!やっちまえ!」

 

混血は他の者に促されるまま、拳銃で佐藤の腹を打ち抜いた。

 

「キャアアアアアア!」

「うわああああ!」

 

警察署のあちこちから悲鳴が上がる。

 

「ひ、ひいいいい」

「おおう、良い事は続くもんだ……お前が草薙だな?」

「ひ、ひぐっ、ひぎいいっ、し、し、知りません、知らないッ」

「自分の名前も分からないのか、日本人を名乗るくせに」

「ロドリゲス、そいつもやっちまえよ」

「ああ」

 

ロドリゲスはすぐさま草薙の横腹を蹴飛ばし、圧し掛かった後、服をナイフで裂いて強姦を始めた。

 

「ヒヒヒヒ」

「い、いやあああああ!」

 

そうしている横で、一人の白人が、未だ息のあるまま倒れている佐藤の横へ近付いた。

 

「おい、フアン、そいつをどうするんだ」

「イヒ、イヒヒヒ」

「ああ、そうか……お前ちょっと頭が……まあ良いや、作業療法か?この包丁を使えよ」

 

包丁を渡されたフアンは、佐藤の首をギチギチと掻き切った。

 

「ぎ、ぎいいい、ぎ、ぐえええっ……」

「ハハハ」

「……」

 

そして佐藤の生首を通路に置いたかと思うと、変な歌を歌い始めた。

 

「メヒコ~メヒコ~オチェンタイセイス86年♪メヒコ~メヒコ~オチェンタイセイス86年♪」

 

86年メキシコW杯のテーマを歌いながら、フアンは思いっきり佐藤の生首を蹴飛ばした。その生首は壁に当たって生々しい音を出した後、あちこちのデスクや椅子やパソコンにぶつかって別の場所に落下した。

 

「いいぞ!もっとやれ!」

 

周囲が警察署の資料を漁り、警官達を身包み剥いでいる間、ロドリゲスは草薙を強姦し、フアンは佐藤の生首を蹴飛ばし続けた。

 

「ひ、ひいいぎぎいい、も、もうやめてえええええ」

「うるせえぞクソアマが!」

「わ、私は何もしていないよおおお!た、た、ただ、私は女で立場が弱くて命令に従ってただけでええええ」

「権力に乗っかってる奴に男も女も差があるか!日本の差別に老若男女の差があるか!アバズレが!」

 

ヌッチャヌッチャと濃い音を出しながら後ろから犯されている草薙の顔先に、別の黒人の女性が何かを持ってきた。

 

「ホラ、アンタノスキナ先輩ノチンチンダヨ」

「おう、良いぞ、ルイザ」

「ひいいいいい!」

 

ルイザは佐藤のペニスを切り取っていたのだった。そして草薙の口に無理やり含ませようとする。

 

「んんぐうううう」

「オイシークタベヨウネー♪」

「ひぎいいい、ぎゃああああ……」

 

草薙の口に無理やり佐藤のペニスが含まされたその時、フアンに蹴られた佐藤の生首は窓ガラスを突き破り外に飛んでいった。

 

「ゴオオオオオル!」

「良いぞ!フアン!現代のマラドーナだな!」

「イエエエエエイ!ゴオオオオオル!メヒコオチェンタイセイス♪メヒコオチェンタイセイス♪」

「オーレーオレオレオレー♪」

「おい!石井!ちゃんと写しただろうな!」

「は、はい……」

「ロッドと草薙のオマンコも写してるな!?」

「ひいい、は、は、はい、しっかりと……」

 

その時、草薙は耐え切れず佐藤のペニスを吐き出した。

 

「ンゴエエエッゲエエッ」

「このアマ、大好きな先輩のちんちん吐き出しちゃったぜ」

「アッハッハ」

「お、おう、そろそろイクぜ」

 

既に元警官達は素っ裸にされ外に連れ出され、資料も大よそ漁られていた。

 

「おう、いけいけイッチマエ」

「ぐううううっ」

 

草薙の陰部に、混血のベットリとした精液がぶち込まれた。

 

「メヒコオチェンタイセイス♪メヒコオチェンタイセイス♪」

「フアン、静かにしろ……おっ、通信だ!」

 

一同は通信に注目した。

 

「何……分かった……皆聞いてくれ!皇宮警察が壊滅したそうだ!主力がこれから皇居に突入するそうだ!」

「ヒューッ!」

「イエエエイ!」

「こうしちゃいられねえ!全員、荷物まとめたか!行くぞ!ほらロッドも早くズボンあげろ!」

「待てよチンチンまだ乾いてねえよ……」

「それくらい我慢……」

 

侵入者達が去っていくのを声で聞きながら、胸も陰部もさらけ出して床に大の字となった草薙は、何も考えられずにただ天井を見つめた。

 

「……!」

 

その時、草薙と天井の間に、ある日本人の顔が割り込んだ。

 

「せ、せっかくの機会だから、僕も、ヒ、ヒヒ、ハメ撮り……」

 

隙を見て居残っていた石井だった。

 

「ひ、ひいい、いやああああああ!」

「だ、黙れ、混血のクソガキがやるなら俺だって……」

「ぎゃあああああ!あっちいけええ!」

「このおおおおっ!」

 

その時、警察署は外から爆破された。草薙も石井も崩れ行く建物の中で圧死した。

 

「ダンソンラカルマニョール~ビブレソン~ドゥキャノン♪」

 

旧権力の支配建造物を爆破し終えた革命軍は、革命歌を歌いながらそのまま去っていった。

 

(終)

2016年12月28日公開

© 2016 Juan.B

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


2.0 (2件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"日本列島SOS!警察24時年末緊急スペシャル ~日本の治安は俺たちが守る!~"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る