1988年の強姦

混血テロル(第3話)

応募作品

Juan.B

小説

11,844文字

※2015年初頭に書いた作品(未公開)を手直しした。
※作中会話等の一部は作者・その親戚や友人の体験を含んでいる。
※2015年11月6日、「小説家になろう」より削除される。

一人、コーヒーの黒い渦とやや収まりかけている湯気を眺める私の横で、急にある声が強く聞こえてきた。

 

「それで、ドジンどもの集落に小隊が……」
「オメコできる女はやっぱり居たっけな?」
「橋本、お前昔から変らねえなあ……四人だ、イイのは俺たちが取って、ブスなのを下っ端にやるんだ」
「アハハ……おっと」
「おい、モトコ、ちゃんと座ってろ……全く、ウチの倅と来たらこいつ置いてグアムに旅行だッて癪に障るよ」

 

都心のあるターミナル駅の地下街、日差しではなく電灯の光が入る喫茶店の隅の席。老年に入ってそこそこの男性が二人、それに女児が一人居る。そして私はその一つ隣の席で静かに座っている。

 

「モトコちゃん、お幾つ?」

 

頭が禿げ上がった橋本と言う男が、モトコと言う女児に年齢を聞いた。

 

「……むっつ」

 

モトコは小さく答えた。

 

「お、おや、六つか、幼稚園?」
「いや小学一年生だ、ちょっと周りより小さいんだ」

 

私は、コーヒーを飲みながら静かに彼等を眺めた。

 

「そうそう、それで……どうだい、何人ヤッたんだ」
「慰安の女ともう何十回、それにさっきの現地の女とかとにかく分らん、ヤッタヤッタ」
「アイノコも相当出来たんだろう、アハハ」
「突撃一番しなかった時もあるからなあ、かもなあ」

 

アイノコと言う単語に、私は目を動かした。

他の数人の客達もコーヒーを飲んだりパフェを突いたりペチャクチャ喋ったりと余念が無い。喫茶店のボーイはカウンターに寄りかかり宙を見つめている。そもそもここは喫茶店と言うほど高等な店では無いかもしれない。

店の片隅のテレビは、裕仁の容態について司会者がパネルを使いながら説明を行っている。しかし老人たちの声がそれを掻き消す。

 

「戦友会の中じゃ、高橋が一番自慢してる」
「アイツ、中国でシナ人を何人殺したって自慢だろ」
「シモの話も凄いんだよ」
「今何やってるんだ」
「中曽根の応援に熱上げてる、俺もチョット手伝ってるんだ、憲法が……」
「ああー、そうだな、最近の日本は腑抜けてるからな」
「沖縄なんてどうだ、酷いものだろう」

 

私は目を宙に動かした。

 

「過激派が皇太子殿下に火炎瓶を投げたのが大体十年前か、あ、もっと前か」
「フン、ドジンどもが、あいつらアメリカにカブレその上にアカと手を組んでるのだ、今もああ言うのが居るんだろう」
「沖縄戦の時にわし等皇軍の兵士が散々アメ公と戦ったのを邪魔して、それが今は何だ、集団自決だと」
「天皇陛下の為に死ねるなら本望だってのになあ」
「あそこも米兵とのパンパンでアイノコが多いだろう」
「ああ、だから捻くれているのだ……おい、モトコ、席を出るな」
「つまんないんだもん」
「ほら、こっちのおじいちゃんとちょっとお話しな」
「……」

 

モトコは、席から降りかけたのを、再び席に戻った。

 

「おい、横の……」
「ん……」
「そいつは……」

 

橋本と言う老人が、私の事を顎でさした。

 

「ガイジンだろう、日本語なんか通じなくてもコーヒーは頼めるさ」
「そうか、そうだな」
「ところでお前、去年農協で旅行に行ったんだって?」
「ああ、西ドイツのボンまで……しかし酷いもんだ、道中、女のケツを触っただけで大騒ぎして……」

 

私は、何の言葉も発しないまま、机の上に添えた自分の手に目を移した。私の手の甲は褐色で、掌はやや白い。窓ガラスを見ると、私の顔つきはグニャグニャに曲がって見えるが、ただ顔形が”ふつーの日本人”と異なるのは明らかだった。
その時。

 

「おじさん、ガイコクジンなの?」
「おい、モトコ!」

 

私の座っている席の目の前まで、女児が来ていた。その奥から老人が引き戻そうとしている。

 

「まったくお前と来たら勝手に……」

 

老人は私に眼をくれる事無く、モトコと言う女児を連れ戻した。

 

「お前、ガイジンに話し掛けるんじゃないよ」
「どうして」
「話す事なんか無いだろ」

 

それを聞いてもう一人の老人が笑った。

 

「ああ、アメ公……じゃねえや、あいつオーストラリア兵か、オージーの捕虜取った時を思い出すな、あいつケガが酷くてピーピー喚いて」
「すぐ殺しちゃったから捕虜でも無いだろ」
「ああ、二等兵ビリの矢島に殺させたんだよな」
「あいつもヘッピリでなあ……」

「こう、ズバッてやるだけなのに、ハハハ」

 

二人はまた思い出話に花を咲かせようとした。だがテレビから突然大きな声が発せられた。

 

「え、ええー、臨時の速報ですが、天皇陛下におかせられましては、ただ今大量に下血され……」

 

テレビは刻一刻と天皇裕仁の、とくにケツの容態を報道している。死に際してまで、日本の様々な面を支配し続ける。テレビから笑いや歌が消え、街から娯楽が消え、とにかく悲しめと言わんばかりに。だがおよそ43年前、この国、それどころか世界に本当の悲しみを撒き散らしたのは彼と国家では無かったか。なぜ、誰も怒らないのか……。

そんな事を考えている横で、老人二人はまた声を上げた。

 

「天皇陛下が崩御されたら……明仁さんか」
「嫁の美智子さんがなァ……」
「皇室とは国民を束ねる物、我が国の象徴、我々の親様だもの、本当に重みがある物なんだがなあ」
「なんとも本当に軽くなったもんだ、昔は良かった、天皇陛下の御蔭ですべて済んでいたのだ」

 

向かい側の老人は孫に顔を向けた。

 

2015年11月15日公開

作品集『混血テロル』第3話 (全8話)

混血テロル

混血テロルは1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 Juan.B

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.8 (4件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"1988年の強姦"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る