フェイタル・コネクション(4)

フェイタル・コネクション(第4話)

高橋文樹

小説

9,789文字

花藤から引き受けた仕事を黙々とこなすタカハシの横で、シンジは大貧民にハマりすぎて仕事をクビになっていた。プログラマーとして仕事を重ね、少しずつ退屈な人間になっていくタカハシを眺めながら、シンジはどハマりの対象を大貧民からmixiに変えていく。

シンジが居間でとろとろと酔っている間、タカハシは花藤から引き受けた仕事に没頭した。この仕事を終えて十五万円が入れば、とりあえず来月分の家賃にはなる。シンジは先月の家賃も未納で、親に無心した金も使い切ってしまっていたから、どんなに早くても家賃八万円の振込みには間に合わなかった。となると、タカハシがその分を補填するしかない。幸い、十五万円もあれば二人が生活していくには事欠かない。

タカハシはプログラミング言語とデータベース言語の本に六千円を投資し、十五万円を得るためにキーボードを叩き出した。さすがに一月で仕上げるといってしまったのは無理があり、文法や制御構文などの原則は一日で覚えられたが、言語に特有の機能や拡張機能を理解するのに手間取った。毎日三、四時間しか眠らずにパソコンに向かっていなければならなかった。

山田はタカハシがプログラマを目指し始めたと勘違いし、大丈夫、体壊さない? と眉をひそめながら、甲斐甲斐しく身辺の世話を焼いた。嬉しそうだった。山田は毛の量が多く、いつも季節の変わり目の犬みたいだったから、彼女が掃除機をかけた側から毛が落ちていった。タカハシは部品モジュール化したプログラムが相互に問題なく動くことを確かめると、カーペットコロコロに手を伸ばし、山田の毛を巻き取った。女の長い毛を巻き取ったコロコロは、すぐにはがせなかった。

タカハシはほとんど部屋にこもっていたので、シンジを見ることがなかった。夜の三時になると、やはり奇声が聞こえた。こいつ、弱えー! 山田は布団の中で不安げに、あの人大丈夫、と尋ねてきたが、その眉根には以前のような底知れない不信がなかった。タカハシが働いている姿を見て、安心しているらしかった。こんな姿を見せなくても、自分の計画に間違いはなかったのにと、タカハシは信用の得難さに改めて驚いた。

三週間がたち、コミュニティサイトがだいぶできあがった。そこでは寄る辺ない文系大学院生たちが、自分の職能を披露することができる。翻訳なり、調査協力なり、登録しておけば何らかの仕事を受注することができる。場合によっては、自分一人でこなせない仕事を仲間と外注しあうこともできる。価格体系は明瞭で、食うに困らない程度の収入を得ることを目指す。ユーソフィア。無いユー知恵ソフィア。タカハシはこの諧謔に一人笑い、自分が一端のパソコンオタクになった気がした。

それまではウェブ上に公開せず、家にあるオンボロパソコンで開発を続けていたが、そろそろ公開された場所で検証をしなくてはならなかった。が、アップロードしてみても、画面が真白で何も映らない。どうもデータベース接続がうまくいかず、ああ、ホストの設定を間違えたんだな、とエラーメッセージを表示すると、”401: Fatal Connection Error” と表示されていた。ローカル環境では問題なく動いていたものが、公開した場所におかれた途端に致命的な接続フェイタル・コネクションエラーを起こし、しかも、その番号が401だったという事実は、とても示唆的であり、文学的な暗喩の一つとして使えるような気がしたので、シンジを呼びつけた。

見て見て、といわんばかりの勢いで件のアドレスを表示すると、タカハシは、これ俺たちの人生のことじゃない? と指さした。

「まあ、ある意味そうだねえ。こいつ、機械のくせに、真実、言っちゃうねえ」

「ねえ、凄い一致でしょ! これは小説に書けるよ。使ってよ」

「いや、パソコンってほんと凄いねえ」

シンジはむしろ観念した風で、自虐の一つも歌わなかった。タカハシが煽り立てても、シンジの顔は暗い縁から戻ってこない。いつもの悪い癖で言いすぎてしまったのかもしれないと反省していると、シンジは別のページを開いた。

「あ、シンジくん、mixiやってるんだ」

「いや、大貧民で知り合った主婦に誘われてさ」

「へえ、やるじゃん。不倫するの? 次雄さんもチャットで知り合った主婦に会いに京都まで言ってたよ。地方の主婦って暇だから、けっこう欲求不満みたいだよ」

「いや、そうじゃなくて」

それゴミじゃん、といつもならムシャぶりつくはずのシンジは素っ気無く、あくまでタッチパッドを動かしてmixiの画面を操作していた。タッチパッドの周りは手垢がついていて、うっすらと凹んでいた。

「やりこんでるね」

「このさ、マクシム・ドカンってやつ」と、シンジは画面に表示されたサムネイル画像を指した。「たまたまmixiで出会ったんだけど、ほら、前にタカハシくんに言った、ヤク中の奴なんだよね」

「ああ、クラブかなんかでシンジくんを売ってボコらせようとした奴?」

「そう。こないだ、出身地で検索かけてたらたまたま見つけてさ」

「マイミクになったの? シンジくんをボコらせようとしてきた奴なのに?」

「あの頃はこいつもヤクやってたからねえ。しかも冷たい方の」

シンジはそう言うと、マクシム・ドカンのプロフィールを表示した。

自分は器の小さい人間だった。

三年ほど前、そのことにやっと気づき、都落ち。育った故郷も悪くないと気づく。

最近はクサ(食用)やキノコ(食用)を山で採り、テンプラにして食している。このまま自然と触れ合いながら生きて行ければいいなあ。

殊勝な自己紹介は、シンジの物語とだいぶ違った。タカハシは、ちょっと貸して、とマクシム・ドカンのマイミクを検索していった。マクシム・ドカンについての紹介文を書いているマイミクもいたが、「素敵なニート」「ほっとけない。前世は息子だったに違いない」「襟足がキュートです。切っちゃダメだよ!」などといったぬるま湯的コミュニケーション用語が飛び交うだけだった。戸惑いがタカハシを無口にした。

「あいつももう三十一だからねえ。前は俺もおまえもオールマンのデュアンとオークリーみたいに事故死しようとか言ってたけど」

「あ、仲好かったんだ。でも、シンジくんバイクの免許持ってないでしょ」

「うん、俺が免許持ってたら、絶対人殺すからねえ」

「あ、偉いね。そこらへんの判断力がただのアル中じゃないね」

「まあねえ、しかし、長崎じゃ車ないと就職できないからねえ。ヤバいねえ」

「シンジくんでも将来を考えるんだね」

シンジは小さく頷くと、厚く塗り込められた沈滞を振り払うように、mixiの足あと画面へと遷移した。

「ところで、タカハシくん、見てよ」

シンジが指さした足あとリストには、厖大な数が残っていた。一日に百人以上がシンジのページを見ている計算になる。

「凄いじゃん、なんでこんなに見に来んの」

「いやあ、世間が俺をほっとかないよ」

「たしかにねえ、シンジくんぐらいダメな人もなかなかいないからね。凄いよ」

「いやいや、タカハシくん、そこは逆にけなすとこだよ。どんだけ人がいいの?」

2015年9月10日公開

作品集『フェイタル・コネクション』第4話 (全5話)

フェイタル・コネクション

フェイタル・コネクションは1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 高橋文樹

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.5 (2件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

アル中

"フェイタル・コネクション(4)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る