タグ: 文芸評論 29件

  1. 三章 プロテウス ユリシーズを読む人々の肖像 / エセー

    • 松尾模糊
    • 12日前
    • 847文字

    二〇世紀の記念碑的小説『ユリシーズ』を読みながら綴る、発刊百年後の日常。

  2. 一章 テレマコス ユリシーズを読む人々の肖像 / エセー

    • 松尾模糊
    • 3ヶ月前
    • 1,129文字

    二〇世紀の記念碑的小説『ユリシーズ』を読みながら綴る、発刊百年後の日常。

  3. 日本的美意識覚書36-40 エセー

    • 佐藤宏
    • 3ヶ月前
    • 4,928文字

    書き殴りに過ぎないのですが。いままで書いてきたものを加筆修正して秋口にnoteかkindleで販売します。あまり販売の方法がわかってはいないのですが。

  4. 日本的美意識覚書31-35 エセー

    • 佐藤宏
    • 3ヶ月前
    • 4,428文字

    美意識のデモンに襲われ、脳内を引きずり回され、挙句ペンを手放せないでいます。毎日のように考えています。読むことよりも考えることのほうが多い日々です。破滅派のテーストと異なるようで気が引けますが、…

  5. 日本的美意識覚書26-30 エセー

    • 佐藤宏
    • 4ヶ月前
    • 5,190文字

    覚書として書いています。後程加筆修正します。

  6. 日本的美意識覚書21-25 エセー

    • 佐藤宏
    • 4ヶ月前
    • 2,913文字

    所謂日本的美意識についてつらつら書き記している。論理的破綻もあれば飛躍もあろうが、覚書という様式であるので許されたし。いずれまとまった著作(?)とする予定である。

  7. 「解毒」される文学  -その火を絶やさないために- エセー

    • 板宮リョウスケ
    • 4ヶ月前
    • 4,923文字

    昨今の文学作品に対する不当な風当たりの強さを嘆きつつ、文学が今置かれている状況について真面目に論じてみました。

  8. エエエアァクションンヌ!――あるいは、小説をドライブする要素について 評論

    • 高橋文樹
    • 4ヶ月前
    • 5,810文字

    欧米のエンターテインメント業界では、ストーリーを動かす要素として「アクション」という言葉が認知されている。この言葉を紹介するとともに、それが小説の速度にどのように関連しているかを論じる。

  9. 日本的美意識覚書16-20 エセー

    • 佐藤宏
    • 1年前
    • 3,524文字

    所謂日本的美意識についてつらつら書き記している。論理的破綻もあれば飛躍もあろうが、覚書という様式であるので許されたし。いずれまとまった著作(?)とする予定である。

  10. 日本的美意識覚書6-10 エセー

    • 佐藤宏
    • 1年前
    • 4,080文字

    私のこの日本的美意識に関する断片は、長年つらつらと考えていながらも、いまだ明晰なる表現に達していないものを、備忘録的に記しています。間違いやら勘違いやらも多々ありそうです。論理に飛躍も多そうです…