Now Printing...

影なき小説家(ペイパーバック・ライター)

落ちぶれた小説家の物語。

  1. 連載中 (最終更新: 2018 年 1 月 21 日 )
  2. 19 作品収録
  3. 51,890文字

Authors & Editors 執筆者・編集者

勒野宇流

勒野宇流 編集・執筆

「時」をテーマとした小説を書いています。

How people say みんなの反応

Works 掲載作一覧

  1. 1

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第1話 小説

    • 勒野宇流
    • 6ヶ月前
    • 5,581文字

       (第1話)      駅で編集者と別れた依本は、馴染みにしていた「大葉」の暖簾をくぐった。   「いらっしゃ……、なぁんだ、ヨリさんか」   「なんだはないだろ。客だぜ、おれは」    オヤジの迷惑顔も気にせず、つ […]

  2. 2

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第2話 小説

    • 勒野宇流
    • 6ヶ月前
    • 3,507文字

       (第2話)       翌日、依本は編集者の内田に電話をし、前日に聞き忘れたことを二、三質問した。    電話をしたのは、質問もさることながら仕事の依頼が本当に本当なのか探りを入れたかったからだ。とにかくこの業界、 […]

  3. 3

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第3話 小説

    • 勒野宇流
    • 6ヶ月前
    • 2,427文字

       (第3話)     「内田、かぁ」    依本のちょっと大きめの呟きに、店のオヤジが怪訝そうに顔を向けた。   「いやゴメン、昨日来た編集者のこと。なんか変わった男だったからさ」   「じゃヨリさんは変わってねぇの […]

  4. 4

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第4話 小説

    • 勒野宇流
    • 6ヶ月前
    • 2,552文字

       (第4話)      女は当然依本に視線を送ることなく、依本が今来た方へと進んでいった。    歩行者用の信号が点滅し、依本は渡りきってから通りの向こうを見やった。しかし女の姿はなかった。また「大葉」に行ったのかと […]

  5. 5

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第5話 小説

    • 勒野宇流
    • 6ヶ月前
    • 2,872文字

       (第5話)      その翌日は日曜日だった。しかし在宅の創作者に祝祭日など関係ない。依本は早朝から起きだし、歯だけ磨くとインスタントコーヒーを入れ、すぐパソコンに向かった。    開け放した窓から、さわやかな夏の […]

  6. 6

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第6話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 2,757文字

       (第6話)      私鉄に乗って、待ち合わせの新宿まで30分と少し。その間、ぼんやり車窓なんか見ていたってしょうがない。せっかくなら資料本でも買って、電車の中で読んでいこうじゃないか。依本はそう思い、駅前にある古 […]

  7. 7

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第7話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 1,623文字

       (第7話)      新宿区役所前で友人と落ち合った依本は、信号を渡ってゴールデン街へと入っていった。 2区画歩いたが、どこもまだ閉まっている。この伝統ある猥雑な呑み屋街は、日がとっぷり暮れないと動き出さないのだ。 […]

  8. 8

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第8話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 2,000文字

       (第8話)      勤め人同士で呑む場合と、自由業同士でのそれかで大きく違うのは、相手の基本的な背景を知っているかどうかということがある。    勤め人同士、それも同じ会社であれば、相手の家族構成から収入、休日ま […]

  9. 9

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第9話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 2,063文字

       (第9話)      松江は以前から、依本の落ちていく様を聞いても、同情や慰めの言葉を吐かなかった。依本が書けなくなり、仕事が減り、そしてなくなり、収入が激減すると同時に離婚もし、寂れた一間のアパートに転落していっ […]

  10. 10

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第10話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 3,112文字

       (第10話)      伸びをした拍子に、店をぐるりと見回す。拘らないようにしているのだが、つい、あの女がいないかと探ってしまう。    女はいない。依本は落胆する。一目見れば、明日からまた順調に書いていけるような […]

  11. 11

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第11話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 1,906文字

       (第11話)      詠野説人。こう書いて「えいのぜっと」と読む。謎の作家で、プライベートな部分はほとんど知られていない。昭和30年代の生まれ、東京都出身、血液型A型、男。公式な情報としては、こんな程度。若い女性 […]

  12. 12

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第12話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 2,749文字

       (第12話)      謎の人物は伝説も生まれやすい。詠野Zにもいくつか噂があったが、その一つを抜き出すと、このようなすさまじいものだった。    それは詠野Zが、まるでタイピストが原稿を打っていくかのようにパソコ […]

  13. 13

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター)第13話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 2,539文字

       (第13話)      3日後の夕方、内田が進捗状況を確認しに来た。    すでに3分の2まで書き上げている依本は、内心の得意気を隠しながら、プリントアウトした原稿を渡した。    しかし内田はパラパラとめくっただ […]

  14. 14

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第14話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 2,060文字

       (第14話)      駅で内田と別れた依本はぜんぜん呑み足りなかったので、「大葉」の暖簾をくぐった。    いつもの壁際がうまい具合に空いていて、落ち着く場所を確保できたことに満足する。この位置はゆったり座れるの […]

  15. 15

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第15話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 4,023文字

       (第15話)      1冊分を書きあげた依本は内田に送った。    デビュー時には、直接手渡すか、書留で送るかだった。それが今や、メールに添付するだけとくる。レトロな感覚を持つ人間としては、まったく手ごたえがない […]

  16. 16

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第16話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 2,363文字

       (第16話)      「大葉」で、久しぶりに女神と会った。    もっとも会ったからといって話をするわけでもない。知り合いでもなんでもないのだ。単に見かけた、という程度だ。    その日はすいていて、L字カウンタ […]

  17. 17

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第17話 小説

    • 勒野宇流
    • 5ヶ月前
    • 1,783文字

       (第17話)      まだ依頼があったころ、編集者に「がんばって書いてますか?」とよく言われた。依頼主にケチをつけるなんてできないので受け流していたものの、実に違和感のある言葉だなぁと依本は思っていた。    が […]

  18. 18

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第18話 小説

    • 勒野宇流
    • 4ヶ月前
    • 2,827文字

       内田がやってきて、依本は原稿を渡す。   「ほう、もう完成したんですか。助かります」    表情は変わらないが、一応お褒めの言葉は引き出せた。とりあえず目標の一つは達成したことになる。根をつめた甲斐があったと、依本 […]

  19. 19

    影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第19話 小説

    • 勒野宇流
    • 4ヶ月前
    • 2,013文字

       (第19話)      それから1週間も経たず、もう1作仕上げてしまった。    依本は書き終わると、すぐさま内田に連絡を入れ、メールに添付して送った。あまりの快調さに自分自身で驚いていた。もっとも内田からの反応は […]