影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第7話

影なき小説家(ペイパーバック・ライター)(第7話)

勒野宇流

小説

1,623文字

   (第7話)
 
 
 新宿区役所前で友人と落ち合った依本は、信号を渡ってゴールデン街へと入っていった。
2区画歩いたが、どこもまだ閉まっている。この伝統ある猥雑な呑み屋街は、日がとっぷり暮れないと動き出さないのだ。
 
「やっぱり、まだだな」
 
 依本が呟き、ゴールデン街を抜ける。友人も無言で付いてくる。
 
 少し歩き、定食屋を兼ねた呑み屋の引き戸を開ける。ここはゴールデン街が起き出さないときに使っていた。昼から呑める都合のよい店だ。
 
 客はカウンターにぽつりぽつりといったところで、3つのテーブル席はどれも空いていた。座った依本は相手の意向も聞かずに生ビールを2つ頼んだ。異論のない友人は一品料理のメニューを見ている。
 
 ゴールデン街が始動していないことは、実は計算に入っていた。むしろ、狙ってのことだった。カウンターのみで10席程度という狭小空間、そしてどの店にも少なからずいる常連客。ゴールデン街はそういった性質上、居合わせた客が話に割り込んでくる率が高かった。ましてや出版関係の話となってはなおさら注目されてしまう。この日、他人を会話に入れたくなかった依本は、最初からこの定食屋にしようと決めていた。
 
 それでも、カタチだけでもゴールデン街を覗いてみた。別段深い話などないよと、軽くアピールするためだ。いきなり定食屋で2人だけの会話をとなれば、なにか重要な要件があるのではと勘繰られてしまう。ゴーストライターのことは、話のついでという感じで聞きたかった。
 
 呑みの場では、どういうわけか、生ビールが運ばれてくるまでは沈黙タイムだ。依本は壁やメニューなどあちこちに描かれた、猫のイラストを眺めていた。
 
 ビールが運ばれてきて、コツンとジョッキを当てる。
 
「依本と呑むの、なんだか久しぶりだな」
 
「死んだと思ってただろ」
 
「あぁ。書けない病でな」
 
 2人でクックッと笑う。
 
「依本が書けないってことを話したのも、この店だったよな」
 
「そうだったかな。まぁでも松江が言うんだから間違いないだろ」
 
 友人の松江広規は将棋ライターという商売柄、記憶力に長けていた。
 
「そのときとはずいぶん表情が違う。書けるようになったんだな」
 
 いずれはゴーストライターの仕事を受けたことを話すことになるだろうが、久しぶりに会ったときに話すのはいやだった。
 
 松江が油断ならない男だから、というわけではない。むしろその逆で、依本が、気持ちをオープンにして話せる数少ない男だった。
 
「松江は相変わらず忙しいんだろ?」
 
「まぁな、単価の低い商売だから忙しくしてなきゃ暮らせないわ」
 
「でも仕事があるのはいいことじゃないか」
 
 松江は笑いながら小首をかしげ、ジョッキに口をつけた。そうかな? と、その仕草が言っていた。
 
 松江は将棋の観戦記を書いているだけに、大手新聞に書いたものが載っている。依本としてはうらやましいことだが、松江は逆のことを言う。観戦記は創作でないので、棋士や主催者を慮った内容を強いられることが多いという。書きたくないことを書かされることはほとんどないが、逆に、これを書けば面白くなるという部分を削らされることが多いという。棋士が、好き勝手に書かれることを嫌うからだ。結果、松井の文章だけでなく全般的に、観戦記は無難なものになってしまう。
 
 その配慮を受け入れられる松江は、すぐれた観戦記者にはなれても、傑出した文章家にはなれないと自身で考えていた。創作者が、遠慮の入った文章を書いているのでは失格だという意識を持っていた。
 
 そういった考えを持つ松江なので、創作の頂点とも言っていい、文学新人賞を獲った依本を高く買っていた。
 
 そのことを、依本は直接言われていた。だから、依本はゴーストの依頼を受けたことをできるだけ隠したかった。
 
 

2017年12月10日公開

作品集『影なき小説家(ペイパーバック・ライター)』第7話 (全19話)

© 2017 勒野宇流

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第7話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る