理由

黒川祐希

368文字

詩です。文章を書くときの姿勢は、基本的に体育座りです。

空白の日々を
塗り潰す動機を探している
そもそもが白紙であるかもしれない僕に
新たな色を与える動機を

 

からだをキャンバスに見立て
おかしな絵を描き続けていた頃
僕は違和感の正体に気付かなかった
もっとも重要なのは
僕が画家であって絵ではないという事実だった

ただでさえ悪趣味な感性だから
いくらでもズタボロにできてしまう

 

息を吸い、吐く
その行為に嫌気が差した人間は
せいぜい太陽に愚痴を吐くか
皮膚を脱ぎ捨ててしまうかしかない
それは思想でも
科学ですらない
ただのボディの傲慢に過ぎない

 

言い訳のようにという
浅はかな比喩表現を
言い訳のように塗りたくっていた日曜に
朝は、存在する理由を失った

 

僕はそれで泣いたのではなかった
それは泣くほどの理由ではなかった
僕が泣いたのはただひとつで、

それを書いたら殺されてしまう理由からだった

2021年2月21日公開

© 2021 黒川祐希

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"理由"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る