原爆

黒川祐希

420文字

詩です。生活のなかで思ったことについて書きました。

めくる月曜に天使は飛んで
落ちる火曜に去来した

 

なめる水曜と、そのあとにくる休日が
全体の季節を支えていることに
気付けるのは、曜日感覚を放棄した人だけという皮肉すら
神話は呑み込んで膨らんでいった

 

無知に咲く花を愛でて
恋人の虚偽を暴く
桜には微量のエフェドリンが含まれているから
科学者はいつも泣いているんだって

 

もえる金曜に天使は駆けて
爆ぜる土曜に飛来した

 

昔々、この国には大きな戦争の問題があって
それにより大勢の人間が、愛の持つ毒性を知ったという
辞書を信じない僕たちは、いくらでも遊びを展開する自由を持つが
それ自体が盲目であることも、彼らは知っていたという逆説がある

 

カレンダーは強風に焼かれていきます
今日は七月、それとも二月
判然としないが、磨りガラスの向こうでは猫が鳴いているし
人間には僕なりの日常がある
広告が失墜したところで
本体は痛手を受けないし
あの人の地元の野菜は
いまもなお毛嫌いされている

2021年2月23日公開

© 2021 黒川祐希

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"原爆"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る