経堂の果物屋

大川縁

424文字

たまたま通りかかった経堂にある果物屋で、目玉の梨に見事に釣られました。店名は忘れてしまいましたが、なかなか印象深い店です。

世田谷通りから網目状の路地に入り、

迷う内に経堂にさしかかっていた。

町は遠くへ夕焼けを追いやり

暗幕をゆっくりと降ろし始めている。

仕事帰りの会社員が足早に家路についている横を

自転車で走り抜け、細い路地を進んでいくと

住宅街にポツンと一軒だけ小さな果物屋があった。

 

店頭に並べられた果物は

電灯に照らされて、少し白みがかって見える。

季節は秋、一番手前に積まれた籠いっぱいの梨は

一個五十円と赤字で書かれ、人目をひいていた。

 

私は無性に梨が食べたくなって、五十円の梨を二個と、

店の奥にあった二百円の梨を一個、

百円の桃を一個買うことにした。

店主に前日の台風で濡れた札を詫びながら渡して、

ビニール袋を果物で膨らませた。

 

それで帰りの甲州街道を、

ハンドルにぶら下げたビニール袋を揺らしながら走ると、

不思議といつもよりも風が心地良く、

思い浮かべる家の灯も、さらに暖かく感じられた。

 

2016年10月17日公開

© 2016 大川縁

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"経堂の果物屋"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る