日常。(9)

日常。(第9話)

mina

小説

1,320文字

『絶対イカされたくない』そう思った
「 ‥ 」
いつものようにラブホテルのフロントで部屋番号を聞いてその部屋を訪れる
「こんにちはー」
部屋番号201号室のドアをノックして、開いたドアの向こう側にいたのは金髪に水色のプーマのジャージを着た、男の人というよりも男の子だった
「あ、どうも」
部屋に入った途端、妙に緊張した
「こんばんは」
「えっ!」
振り向くとそこにはスーツを着たおじさんが立っていた
「 ‥ 」
言葉が出なかった
「ごめんね、びっくりしたでしょう」
当たり前だ
「実はね‥君と、この彼は僕に買われているんですよ」
「 ‥ 」
このおじさんちょっとおかしくない?って思
う反面、私はものすごく怖かった
「僕は君と彼とのセックスが見たいんですよ濃厚なヤツをね」
「セックスは出来ないです‥」
声を振り絞って言った
「知ってますよ‥これでどうですか?」
おじさんは1万円札を30枚出した
「あなたは女ですからね、これだけ出しましょう」
「 ‥ 」
お金が欲しいというよりもこの空間のこの恐怖感が私をうなづかせた
「交渉成立ですね、では2人でシャワーを浴びてきてください」
シャワールームには金髪の彼と私がいた、シャワーの音だけが耳についた
「 ‥ 」
「多分‥大丈夫だよ」
「‥何が?」
「あの人、君が怖がるような事はしてこないと思う」
「そんなの‥わからないじゃない」
「君は、ただ僕とセックスすればいいんだよそうすれば解放される」
イヤだなと思った。あのおじさんは何が楽しいんだろう‥
「僕も君もお金のためにするんだ、割り切ろう」
泣きそうになってた、けど絶対泣きたくなか
った。泣いたら負けのような気がした
「2人ともキレイになりましたか?」
「はい」
「‥ハイ」
「じゃあ、僕はいないと思って‥」
おじさんは私達がkissしたり、フェラチ
オしたりクンニしたりしている‥前戯の全て
をコーヒーを飲みながら静かに見ていた
「 ‥ 」
金髪の彼の前戯にすごくカンジてしまってい
る自分がいた
「あっ‥」
カラダが反応してしまう
「‥ん‥」
でもそんなカンジている私をおじさんが見て
笑っていたりしたら、ものすごく悔しいから
‥イキたくなかった
「じゃあ挿入して下さい」
「あ、はい」
「あっ‥イヤッ」
彼のはすごく固くて真っすぐで‥大きくて太かった
「あ‥んっ‥」
絶対イカされたくない
「もうそろそろですね」
「‥?」
そうおじさんは言うと私にkissをしてきた
「イヤッ!」
「抵抗すればする程、彼はあなたのことをつきますよ」
「あっ‥」
「あなたは身動きがとれない」
私はかなりムカついていた。だけどもうおか
しくなりそうだった
「もうイッた方がいいんじゃないですか?」
うすら笑いを浮かべるそのおじさんの顔を許
せない自分がいるのに、もう私はイキたくて
しょうがなかった
「ダメ‥」
その私の言葉を聞いたおじさんがフッと笑った瞬間‥
「イク‥もう‥」
‥イってしまった
「楽しいですね‥やっぱりあなたを写真で選んで良かった」
『絶対イカされたくない』そう思っていたのに

                end    

2014年7月5日公開

作品集『日常。』第9話 (全70話)

© 2014 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(9)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る