ねこジャラシ

渡海 小波津

小説

738文字

ねこじゃらしのことをエノコログサといい、花言葉は遊び、愛嬌だそうです。ということでぼくの遊び心にお付き合いください。ねこじゃらしの見方が変わることでしょう

夜道、薄暗い外灯の下にねこじゃらしが群生している。まだ青いねこじゃらしが。

空には、半月を過ぎた月と西に傾いた夏の星座が浮かんでいる。残暑厳しい日中を疑うほどに、夜の風は十二分に秋の匂いを含んでいた。

虫たちが一斉に鳴いては、やめ、鳴いては、やめ、と忙しなく繰り返す。風が吹くたび穂先が下がり、もたげる、それぞれの動きが大きなうねりとなり、風の軌跡を描いていく。だがその光景も虫の合唱も見る者、聞く者どちらもいない。

ピィピィと音がなる。信号が変わったのだろうか。さらに遠くからは、車、トラックの走る音がかすかに聞こえる。だが、この通りにはどちらもない。

また風が、ねこじゃらしをなでた。

 

ねこじゃらしが揺れる、揺れる。ささら、ささらと風を招く。人を招く。こちら、こちらと揺れる、揺れる。幾千もの手がこちら、こちらと、ささら、ささらと招く、招く。

 

小さな白点が二つ近づいてくる。車のライトが近づいてくると、その外灯の四、五メートル手前で停まった。運転席側のドアが開き、男が降りてくる。他に乗っ ている者はいないようだ。男は車の後ろに回ると、周りを見回してトランクを開ける。トランクからは髪の長い女が、男に抱きかかえられ現れる。すらっとした 体型にも関わらず、重そうに抱える男。エノコログサを踏み分けて男は草むらを行く。幾千の手を掻き分け、その中程あたりで女を捨て置いた。投げ置くときの 着地が悪かったらしく、首は思わぬほうに向いた。体はうつ伏している。それにも関わらず、視線は真っ直ぐ男に注がれる。

男は始終無言のまま、女に背を向け車に向かった。そして手招きを退け、車に向かう。女はなおも男を見つめたまま。

外灯の下で、小さな黒猫が男を見ていた。

2012年12月11日公開

© 2012 渡海 小波津

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

"ねこジャラシ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る