蜘蛛

渡海 小波津

219文字

散文詩です

 

 

巣がある。これを美しいと思うか、恐ろしいと思うか、汚いと思うか。

そこに蜘蛛の姿は見えない。ま新しげな巣である。これから餌を得るための巣である。

飛び込んできた身をぐるぐる巻きにして体液を吸取り飲み干す。

飲み干された骸は捨てられ、

また次の餌を待つ。

朝露を捕え、飲む。

繭を拵え、産む。

巣である。罠であり、寝床であり、揺り篭である。

さあ我を捕え喰らえ、

主亡き蜘蛛の巣よ。

 

 

2013年5月9日公開

© 2013 渡海 小波津

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩

"蜘蛛"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る