虚無の生む詩

渡海 小波津

1,358文字

私の文学は何も生まない
私の人生が空っぽだからだ
だから虚無からの詩を書いた
それだけ、それだけ

何者か

高尚ではないが 陳腐でもない

娯楽に興味はなく 酒など薬でしかない

薬というのは百薬の長とかいうものではなく 病気の進行を遅らせる物だ

日常の中で何のために 何の意味が と考えるほどに

私は狂ってゆく 狂気という病である

考えることを止めた葦は 皆青々と清涼に茂り やがて種を散らす

自然とは素晴しいではないか!

考えぬ者を嫉み 考えることに固執する 止めることは恐怖

止めることは死だ

何も意味のないことをすることに 意味を見いだせず 生きるだけ

娯楽におぼれる楽しさも見出せぬまま

見いだせぬまま 終わる路端の草

私は高尚でもなければ 陳腐でもない 特別でも平凡でもない

何なのだろう

 

2013年5月31日公開

© 2013 渡海 小波津

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"虚無の生む詩"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る