正しく歩けているのだろうか

渡海 小波津

小説

969文字

散文詩というのでしょうか、よくわかりません。
正しく歩けているのでしょうか、よくわかりません。
ただ、刻々と死へと向かっているという事実だけはわかります。

 

 

〽屋根まで飛んで 壊れて消えた

 

ビルが幾多も並ぶ。眼下に流れる数多もの群を分類するならば、然として同じ方向にのみ行く車と、多種多様の色彩 の蠢く上の黒点となる人。行く者、来る者の混ざり合う不気味な川には風がなく、この近年の我々を模しているかのようにただただ惰性で動き続けている様を見 れば、ゆったりとした流れも、本流であった激流から生ずるは些かの疑問もなく、それは当然なことなのかもしれない。

その川の上を行く我は、彼らのことを何一つ言えない程にひどく不安定な格好で、ただただ惰性でのみ漂う。

さて、もう少し眺めてみることにしよう。

水面には泡、洗剤のように消えぬ泡や流れに揉まれて弾ける泡。虹色にギラツク泡はアスファルトのような黒い水底を映す。ただひとつ、どの泡もたいていは今 にも割れそうで、これ以上膨らむことがけっしてない言わんばかりに身を小さくして、割れぬよう壊れぬように縮こまっている。身を寄せ合う泡は小粒となり連 なり、合わさり、交じり合い、互いに割れる外気に触れる面を一生懸命減らして身を守っている。

今や泡は蜘蛛の糸にもすがりて、遠くの泡と連ならんとして互いの必要なときに互いを認識し、糸の振動によって懸命に存在を認め合い、繫がりを保ち、あわよくば交わらんと欲している。

時には、蜘蛛の泡に飲まれて消えるものもあり、より一層同じ泡どうし集まろうとする。それにも関わらず、あまりにも弱くすぐに割れてしまいそうなものだから、かつての激流である本流に揉まれれば、手当たりしだいに自ずから弾けるのである。ぱちんぱちんや。

そんな泡々を眺めてから、高層ビルを覗けば、己を泡と忘れた泡がブヨブヨと小さな泡を押し、大きな泡に諂いしている。そんな窓がたくさん並ぶビルが幾重にも見える空を我はただただ漂う。

途中、強い風に出会った。この風は新たな時をつくるような風ではなく、この近代をさもしかりと言いたげな輩の戯風でしかなく、風にも関わらず潮と呼ばれるは、その辛さが故であろうか。

などと考えていると、風に揉まれるようにして我もまた虚空の彼方に消えにけり。

手足もげ、身体散りてなお、我ここにあり。それが死だ。それが詩だ。

風々吹けば、壊れて消えた。我、ガガンボなり。

 

 

2013年2月5日公開

© 2013 渡海 小波津

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

純文学

"正しく歩けているのだろうか"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る