ここに、いない、ぼく

かきすて(第5話)

吉田柚葉

小説

2,029文字

三連休ですね。俺は休みが大好きです。良いものです。

松田の返事はなかった。

いや、ぼくが「松田」と言った瞬間、その声は、世界と外界とを隔てる膜にぶつかって小さな波になり、時空のはざまへと消えていったのであった。

むろん、松田はいない。

つまり、もとからいないのである。

ぼくは、何食わぬ顔をつくって、山田を呼んだ。これには返事があった。これで全員の出席をとった。どうやらきょうは、木下と立川と松田がいない世界線にきてしまったらしい。

「きょうはこのあと単語テストやるからな。みんなちゃんと覚えてるな」

とぼくはさぐりを入れた。「えー」と飯塚が悲痛な声を上げた。悲痛な声を上げたのは飯塚だけであった。どうやらこの世界線における昨日のぼくは、ちゃんとこのクラスに宿題を課していたらしい。しかしだからと言って油断がならないのは、出題範囲がぼくのつくってきたテストと一致しているかどうかまでは、いまの反応だけで判断が出来ないからだ。

朝礼を終えて、テストをくばる。ぼくは、一番まえの席にすわる林の顔色をうかがった。きわめて平均的な成績の生徒である。出題範囲はきちんと勉強してくるが、それ以外のところを出題すると、まったく破滅的な正答率を叩き出すこの生徒が目のまえにいてくれてほんとうに助かった。

が、そう言って加えて油断がならないのは、この世界線の林がはたしてぼくの知る林と同じ性質を有しているかが判然としないからである。この林が成績優秀で、速読英単語のどこから単語を出題されても平然と満点を叩き出す生徒ではないとの保証はどこにもない。

「せんせー」

2019年11月2日公開

作品集『かきすて』第5話 (全40話)

かきすて

かきすては2話、14話、24話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF

"ここに、いない、ぼく"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る