岡本尊文とその時代(三十二)

岡本尊文とその時代(第32話)

吉田柚葉

小説

2,662文字

本当に、それこそこれは、パラノイアなのかも知れん。

眩暈がした。机の下を確認したが、無い。昨夜、宮崎氏と行った電話でのやりとりをおもい返し、その一部始終を再現して見たが、どう考えても、最後にスマートフォンを置いたのはこの机の上以外に在り得なかった。

私の目は、書きかけの尊文の評伝の原稿に向いていた。「大丈夫ですかァー!」と云う、宮崎氏の絶叫が一階から聞えて来た。私は、ノートパソコンを抱えてリビングに戻った。そうして、スマートフォンが見当たらない旨を宮崎氏に告げた。宮崎氏は困惑の色を浮かべ、こうした事を言われた際に人が発するであろう、一通りの質問を私に投げかけて来た。私は、いや、だとか、無い、だとか、其れらの質問に悉く否定的な答を返し、そうする内に自分で不愉快に成って行った。やがて「恐らく盗まれたのだとおもいます。」と、馬鹿な事を口走ってしまった。実に馬鹿な事ではあるが、現実に盗まれたとしかおもえないのだから仕方が無かった。宮崎氏は、

「いや……、其れは、流石に無いのではないでしょうか……。」

と、苦しい顔をして言った。

「だが、実際になくなっているのだから……。」

「では盗まれたとして、一体何時いつ盗まれたのですか。昨晩、僕と携帯で通話しましたが、それ以降だとして、確かに我々は此の家にずっと居たじゃないですか。」

「ずっと居たのだけれど……、多分、私達が眠ってしまってからコソ泥が入ったのではないか、と。」

事の奇成るに馬鹿馬鹿しさを感じながら私は言った。口吻に笑みが漏れた。

「しかし、その、盗まれた証拠はあるのですか。」

私の笑いに引きずられたのか、宮崎氏は破顔していた。私は、書斎の窓が全開に成っていた事を告げた。宮崎氏は遂に笑い出した。私は、気恥ずかしいおもいと、幾分かの苛立ちを覚え、「そんなに笑われたって……、しかし、先程からの宮崎さんの話だって、相当に滅茶苦茶な事を言っているとおもうがね。」と言った。すると宮崎氏は、笑うのを止め、

「そうかもしれませんね。」

と醒めた声で言った。

「本当に、其れこそこれは、パラノイアなのかも知れん。」

2019年7月20日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第32話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(三十二)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る