岡本尊文とその時代(三十五)

岡本尊文とその時代(第35話)

吉田柚葉

小説

3,727文字

在るようで無い、しかし無い筈がないからやはり在る。

館に入ると、直に受付であった。ホールの入口付近には、スーツを着た男たちが十人程でたむろし、熱心そうに唾を飛ばし合っていた。未だ三十そこそこと見える茶髪の男が、ダブルジャケットを着てボウタイを締めた初老の男に何かを諭しているらしいのが、特に目を引いた。宮崎氏は、小声で、「一寸観察しましょうか。」と言った。

「結局ね、先ずこの日にこの場所に来れる、というのが何より気に合っている、と云う事なんです。」

茶髪の男が大きな身振りでそう言った。

「なるほど。」

「で、あとは余計な事を考えずに、楽しむ。それだけなんです。」

「楽しむ、ねェ……。」

「難しいですか。」

「難しい、と云うかね。わたしなんかはどうしてもこれを勉強会だとおもってしまいますからね。どうもピンと来ないな。」

「……あー。いや、そんなに重く受け止めなくて好いんですよ。軽い気持で、いま・ここを感じる。いま・ここに集中する。それが楽しむと云う事なんです。」

茶髪の男がしたり顔でそう言うと、初老の男は、遂に噴出し、

「ウン、判りました。なんだかよく判らないと云う事が判りましたよ、ウン。勉強させて貰います。」

と言った。茶髪の男は、「いや、だからですね……。」と又同じ説明を繰返し始めた。……

「宮崎さんが言っていたのと同じ事を言ってるね。」

と私は言った。

「はい。気に合っていると云う言葉がそのまま出ました。」

気に合わせるのだか、気に合っているのだか、好く判らないがね。」

何の気なしにそう言うと、

「自分自身がなんですよ。」

と背後から低い声がした。振り向くと、目尻の垂れた目がこちらを覗いていた。尊文である。

2019年8月8日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第35話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(三十五)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る