E.モロゾフ伝~マンエキス・テコキネティクスの起源~

モロゾフ入門(第3話)

応募作品

佐川恭一

小説

6,493文字

多言語作家モロゾフの日本における生活はそのキャリアにおいて 重要な意味を持つ。モロゾフ研究の第一人者による、最新ルポル タージュ。モロゾフの研究誌”Morozoff.Style”と同時掲載。

七十ヶ国語を自在に操る世界的多言語作家エメーリャエンコ・モロゾフは十六歳のときに「授かり婚」しているが、二十歳で別れてからは養育費の日々を送った。「小説のことばかり考え家庭を顧みなかった」とされて離婚調停に敗れ、月六万円をコンスタントに支払うこととなり、肉体労働につぐ肉体労働。身体にはかなり筋肉がつき、病弱だった文学少年のモロゾフは文学をやってる系のなかではマッチョの部類となった。「私も、マッチョの部類となったのだから、ケンカでもしてみるか」保育園時代から周到な政治的立ち回りで武力衝突を避け続けてきたモロゾフ――しかしその二重三重の裏切りも辞さぬ悪辣な手法のせいでまともな友人はできず、そしていまなお友人はいない――だったが、さっそく街に繰り出し、歩くスタイルにも自信がみなぎっている。こわそうなヤクザものというのは、肩をいからせ大股びらきで歩くものだ。私はそれを軽蔑しあざ笑っていたが、満ち満ちた自信が器からあふれ出したとき、我々は肩をいからせ大股びらきで歩かざるをえないのだ……

「Oops!!」

そんなふうに歩いていると、やはり向かいからやってきた男とぶつかった。男のメガネが弾け飛び、道路に落ち、踏まれ、粉々になり、男は「きみ、どこ見て歩いているのや?」と言った。モロゾフは幼少時より丹念に磨き上げてきた透明なスカウターで敵の戦闘力をはかった。敵はひょろく、青白く、メガネで、しかもいまやメガネもなく、かばんからハイデガーが突き出ていた。経験からいって、かばんからハイデガーが突き出ているやつが、すぐれたケンカ師だったためしは一度もない。したがってモロゾフは「前じゃ。前以外どこ見て歩くねん」と言った。

「ワシは前に目ついとんねん、ワレはどうなんや? なんや、あのメガネが本体なんけ? もうなんも見えんのけ?」

モロゾフは自分で自分の煽り言葉に興奮してきて、ついにこの筋肉を行使するときがきたのだ、とアゲアゲパーリナイの様相である。元メガネの男はさして表情も変えず、モロゾフに向かって右手で「来いや」みたいなジェスチャーをした。

「!?」

モロゾフは混乱した。経験からすれば、無表情のまま右手で「来いや」みたいなジェスチャーをする者は、強い。モロゾフはゴクリと生唾を飲んだ。もしや、あのハイデガーは借り物なのでは? 狙っている女の子が哲学科の学生で、少しでもお近づきになるために図書館で借りてみたものの三行でリタイアし、今まさに図書館に返しにゆくところなのでは? だとすれば、この男――かばんからハイデガーが突き出ているとは言えない

「!?」

それは一瞬だった。元メガネの男の拳がモロゾフの腹にめり込み、もう感覚的には、背中を突き破ったのでは!? と思うくらいの痛さで、「オブ!!!」とその場に倒れた。このときモロゾフは人生ではじめて人に暴力を振るわれたのだった。

「ゆ、ゆる、ゆるひて……おながい!」

モロゾフは恐怖のあまり涙と鼻水を流しながら、土下座し、土下座し続け、もうええやろと頭を上げたが、そこには複数の女子高生がおり、「おっさんヤバ」「TikTokの素材ゲトー☆」などと言っていて、女子高生のスマホから「ゆ、ゆる、ゆるひて……おながい!ゆ、ゆる、ゆるひて……おながい!」とモロゾフの繰り返す声が聞こえる。「キャッハハ! コレヤベーマジ」「米津玄師と合うんぢゃね?」「ハー? あいみょん一択っしょ」

モロゾフはしかし、それどころではなかった。モロゾフは幸せだった。こんなに幸せな瞬間は、もう二度と望めないのに違いなかった。なぜならそのとき、モロゾフには複数の女子高生のパンティが見えていたのだから……

複数の女子高生のパンティがその後のモロゾフに多大な影響を与えたことは間違いなく、モロゾフ最大の代表作の一つ「マンエキス・テコキネティクス」において、火星人による地球侵略が激化した際、複数の女子高生のパンティにできたマン汁のシミがQRコードを作りだし、その情報――アメリカのフロリダ州の地下施設に数千の核爆弾が眠っているというもの――によって地球が救われるというシーンがある。火星人に有効な攻撃は核爆弾だけで、無惨に殺戮されるばかりだった地球人が反撃に転じると、反核平和活動家たちまでも放射線マークのでかでかとプリントされたTシャツを着て狂喜乱舞し、核発射ボタンを一秒間に十六連打する大統領の姿がメディアに映し出されると、反米で飯を食っていた政治家たちまでもが唾を飛ばして「U・S・A! U・S・A!」と叫び始める――

しかし、この苦い経験が作品として結実するまでにはそれからじつに十年の歳月を要しており、TikTokの素材にされた直後のモロゾフは筋肉仕事の場で、筋肉が発揮できなかったことを涙ながらに訴えていた。

「ぼく、ここで筋肉つけさしてもろて、身体おっきなって、それでいける思たんです。ぼく、ケンカ慣れした先輩らと一緒におって、自分も強なったみたいな錯覚起こしてたんです。でもぼくみたいにもとが虚弱なもんは、なんぼ筋肉つけてもあかん。結局弱いまんまなんすよ」

「ちょっと待て。お前が弱いんは筋肉さんのせいやない、筋肉さんにあやまれ!」

2019年5月6日公開

作品集『モロゾフ入門』第3話 (全13話)

モロゾフ入門

モロゾフ入門の全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 佐川恭一

これはの応募作品です。
他の作品ともどもレビューお願いします。

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"E.モロゾフ伝~マンエキス・テコキネティクスの起源~"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る