男根のルフラン

サークルクラッシャー麻紀(第4話)

佐川恭一

小説

1,789文字

ちんこあるうちちんこの指す方へ進め。

「FREE フェラ」の看板をもって大阪駅の時空(とき)の広場に黒ギャルが立っていた。ただでフェラをしてくれるというのだ。しかもめっちゃかわいかった。それがタダでフェラをしてくれるっぽい雰囲気なのだ。野村と佐々木はピンサロに行こうとしていたところで、店で八千円払ってハズレを引くよりも、時空の広場でフリーフェラの方が良いのではないか、と話し合った。野村はぎんぎんだったが佐々木は慎重である。

「いや、お前これタダって言うけど、こんな人通りの多いとこで、捕まったらどうすんだよ」

「何ゆうとんねん! どっかばれへん物陰でやってくれるやろそら! 何ゆうとんねんお前ほんまに! そうゆうとこがあかんねんぞ! お前の石橋クラッシャーぶりには辟易やっちゅうとんねんほんまに!」

「いや、物陰って言ってもさ、なんかの罠かもしれないよ。ほら、美人局みたいな雰囲気だし、みんなあの子見てるけど、結局フリーでフェラしてもらってるやついないじゃん。フツーあんなヤバそうなのには寄り付かないんだって」

「あほめ。あほの極北やお前は。あほの中でもかなり先鋭的やわ。お前はもうええ、おれはもう我慢ならんさかい。自分はピンサロ行って八千円払ってバケモンに当たって目ぇつむって広瀬すずでも想像しながらやっとのことで発射しとけや!」

野村はつかつかとフリーフェラの看板めがけて歩いて行き、笑顔の黒ギャルと腕を組みながらエスカレーターを降りようとしたとき、どぎついヤンキーみたいな三人組につかまり脅され、三万円取られて佐々木のもとに帰ってきた。

「あっぶー! 美人局やったわ」

「あっぶーってお前、三万円取られてるじゃん」

2015年7月21日公開

作品集『サークルクラッシャー麻紀』最終話 (全4話)

サークルクラッシャー麻紀

サークルクラッシャー麻紀の全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 佐川恭一

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"男根のルフラン"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る