うしろめ

二十四のひとり(第22話)

Fujiki

小説

4,145文字

作品集『二十四のひとり』収録作。

ある週末、マチネ上映の古い映画を観に行った帰りのことです。わたくしは劇場に入る前から降り続けていた長雨を避けて傘を差し、急ぎ足で路面電車の停車場へ向かっていました。入り組んだ脇道を抜けて大通りに出ると、細かい雨脚の向こうに電車が停まっているのが見えました。日曜の午後にしては珍しく車の往来はパタリと止んでおり、雨粒が静かに傘を打つ音しか聞こえません。わたくしは迷わず車道を横切り、通りの中央に作られた停車場に駆け寄りました。停車場は川の真ん中に石くれが積もってできる中州の形をしております。

そのとき、深みのある低い声がわたくしの背中に突き刺さりました。

「ちょっと止まりなさい、そこの奥さん」

ぎょっとして振り返ると、二十代後半くらいの背の高いお巡りさんが一人、わたくしのすぐ後ろに立っていました。日焼け顔の中で二重まぶたに縁どられた大きな瞳が輝いています。通り沿いの派出所から駆けつけてきたのでしょう。肩で息をしています。筋肉質の体に濡れて貼りついた制服から若い汗の臭気が漂ってきて、わたくしの鼻をくすぐりました。

「……奥さんではありません。独り身ですの」

不意に呼び止められて動揺したわたくしはそう答えるのが精いっぱいでした。今から考えると馬鹿な答えに思えます。わたくしに夫があるかどうかなんてお巡りさんが気にかけるはずもありませんもの。

「駄目ですよ。ちゃんと横断歩道を渡らないと」

2019年5月3日公開

作品集『二十四のひとり』第22話 (全24話)

二十四のひとり

二十四のひとりの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 Fujiki

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー

"うしろめ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る