日常。(61)

日常。(第54話)

mina

小説

1,340文字

突然私の両足に湿疹が出た
膝下全体にブワッと…私の両足を包み込むように赤い湿疹が現れた
「何これ…気持ち悪い…」
まるで赤いウロコが足にたくさん貼り付いてるみたいなカンジ
私の足なのに、私の足じゃないみたい
「何で…」
私はこうなった原因を色々考えていた

         ・          

「君の脚は本当にキレイだ」
「そうかな…」
「…もっと自信を持って、君の脚は本当にキレイで素晴らしい」
そう言ってキクチさんは私の足に頬ずりして舐め回す
「 … 」
90分殆ど私は何もせず、ベッドに座ってるだけ
キクチさんが私の足を舐め回すのをただ見ているだけ
「…お願いがあるんだ」
「何?」
「君の脚に僕の精液をかけてもいいかな?」
「えっ…」
「…無理だったらいいんだ、無理強いはしない」
「…大丈夫です、私の足にかけて下さい」
「おぉ…」
キクチさんはその私の言葉に興奮したのか、私の足首をギュッと力強く掴んで、膝下をベロベロ舐め始めた
「いっ…痛いよ」
「 … 」
キクチさんに私の言葉は届かなかった
そして…私の足にはたくさんの白い液体がかけられた
「ねぇ…」
「はい」
「これ写メ撮っていいかな?」
「あ…どうぞ」
私の足首にはキクチさんが強く握った痕が残っていた

         ・          

私は思った
こうなった原因はきっとキクチさんのせいだって
きっとあのときから私の足は私の足じゃなくなってしまったんだなって
玩ばれた私の足はこんな醜い足になってしまった
もうキクチさんに玩ばれることも無い
もうキクチさんに逢うことも無い
可哀そうな私の足…

         ・          

「ずっと逢えなかったから…すごく心配してたんだよ」
「ごめんなさい」
私はキクチさんをずっとNG客にしていた
だけど毎日毎日しつこくお店に問い合わせが来るので、店長が逢って逢えない理由を話してあげたらどうかなと言ってきた
私は足を見せたくないという気持ちと見せたいという気持ちが両方同じくらいあったので…キクチさんに逢うことにした
「今日はジーパンを穿いているんだね」
「 … 」
「…君の脚が見たい」
このままジーパンを脱いで、私の醜い足を見たときにキクチさんはどんな顔をするんだろう…見たいような、見たくないような…
「…これがキクチさんに逢えなかった理由です」
「 … 」
私はキクチさんの前で真っ赤なウロコを纏っているような醜い足を晒した
「…キレイだよ」
「えっ…」
そう言ってキクチさんは私をベッドの上に寝かせて、私の足に頬ずりし始めた
「私の足…気持ち悪くないんですか?」
「…どうして?」
「だって…赤い湿疹がいっぱい…」
「 … 」
「あっ…」
キクチさんはいつものように私の足を舐め始めた
「やめてください…そんなところ舐めちゃダメですよ…」
「やめないよ、僕がお薬を塗ってあげる」
「お薬…?」
キクチさんはまた私の足にたくさんの白い液体をかけた
そしてそれを私の足に塗りたくった
何だか知らないけどキクチさんのその行為に私は興奮してしまって…
「やめてください…あっ…」
絶頂をむかえてしまった

              end  

2015年8月21日公開

作品集『日常。』第54話 (全70話)

© 2015 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(61)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る