タグ: リアリズム文学 143件

  1. 国鉄と言う安全弁 小説

    • lantan2015
    • 3日前 更新
    • 8,098文字

    日本は国鉄と言う雇用安全弁を失ってしまいました。だから氷河期世代を救えなかったのです。もし無人駅に就職氷河期世代を置いたら、彼らは第三次ベビーブームを起こしたでしょう。つまり我々は目先のサービス…

  2. ラジカル・フィッシュ 小説

    • 波野發作
    • 4日前 更新
    • 4,586文字

    他人の頭上に魚の幻影が見える特殊能力を身につけた菱谷ミツルは、とある風俗店の店員だ。今日もその力を使って店を窮地から救う。破滅派合評「まぼろしの銀次」じゃなかった「まぼろしの魚」参加作品。イラス…

  3. 禍中 掌編奇譚 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 6日前 更新
    • 2,079文字

    書いたらスッキリしました。なんかそういう療法ありますよね

  4. 失われたニュータウン 小説

    • lantan2015
    • 17日前
    • 8,411文字

    日本は数々の「ニュータウン」を失ってしまいました。 そして街ごと破滅しました。

  5. ペット霊園で町おこし 小説

    • lantan2015
    • 30日前
    • 56,959文字

    「そうだ、空き家を一旦更地にしてそこにキリスト教式ペット霊園を新たに作ろう!」 こうしてキリスト教式ペット霊園を中心に町おこしが始まる! ぼっちで居場所が無い人に送る福音の作品! しかも、ロスジ…

  6. 『プッシー・アンド・ディック』 小説

    • 豪徳寺ケン
    • 1ヶ月前
    • 2,622文字

    男性器と女性器の話です。アルコール度数によっては続きます。

  7. 帰り道、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 2ヶ月前
    • 1,223文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  8. イベント会場 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 2ヶ月前
    • 1,437文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  9. 駅内喫煙所、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 2ヶ月前
    • 2,557文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  10. エレベーターホール、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 3ヶ月前
    • 1,540文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。