タグ: リアリズム文学 73件

  1. 群馬県大泉町のある駐車場の猫 小説

    • Juan.B
    • 11時間前 New!
    • 4,209文字

    ※2019年7月度合評会応募作品。 ※思い出を元にした半フィクションである。

  2. 独り言 戯曲

    • yohei
    • 1ヶ月前
    • 14,530文字

    小説がだめなら、と思って書いた。読む気がしない、と言われた。卑怯ものめ。やっぱりネタの使い回し。また落ちたら投稿しようと思います。

  3. 過去 小説

    • yohei
    • 1ヶ月前
    • 6,341文字

    ブックショーツ。眠たくてしょうがない。

  4. 正直者 小説

    • yohei
    • 1ヶ月前
    • 53,810文字

    すばる文学賞に出したもの。書いたあと、おお、これはいい作品だ、と思った。そして一次で落ちた。読みづらい文体は、当時の私がしゃれたつもりで書いたもの。誤字はそのまま(そっちのほうが、滑稽で面白い…

  5. 天秤 小説

    • Blur Matsuo
    • 2ヶ月前
    • 3,842文字

    5月合評会「善悪と金」応募作。映画『フォックスキャッチャー』とロシアドーピング問題を下地に書きました。

  6. 用意したティッシュで涙を拭いたTONIGHT 小説

    • 春風亭どれみ
    • 4ヶ月前
    • 6,544文字

    どこにでもいる男の、いつもよりちょっぴり虚ろな一日、本当にあったかどうか、信じるか信じないかはあなた次第です。

  7. 1981年の負けないで ソポ・チエ・テイネ / 小説

    • アシリ・ユク
    • 4ヶ月前
    • 1,896文字

    この作品は本当に素晴らしいんです!読んでください!

  8. ラブレター(昭和二十二年) 小説

    • 米井かず子
    • 5ヶ月前
    • 1,931文字

    自己満足と性癖と承認欲求と自己愛。これはかなり前に、ある作品に影響されて衝動的に書きました。 わかる人にはわかるやつです。私の名前もそこから来ているほど、好きな作品です。

  9. 前置き ソポ・チエ・テイネ / 小説

    • アシリ・ユク
    • 6ヶ月前
    • 1,479文字

    「この国には『ススキノ』という歓楽街(気持ちのよい町、の意訳)がある。いまはなくともどこかの時間に必ず存在する。俺はそこに向かっている。ずっと歩いて来た。俺は性的な意味でのマッサージ(揉む、叩く…

  10. 廃兵 小説

    • Juan.B
    • 6ヶ月前
    • 4,550文字

    ※2019年1月合評会作品。 ※作品とは関係ないが、動物はまあまあ好きである。 ※1月27日大体午後5時20分に、作品末尾に、作中の本棚の一部を再現(適当)した画像を乗せた。