タグ: リアリズム文学 15件

  1. 現実解像度数 小説

    • 大和柚希
    • 1ヶ月前
    • 2,482文字

    合評会2017年08月に応募します。 解像は現実への改造を生み出すのか、その試論です。 因みに作品と関連しますが、私は高校中退の過去があります。

  2. 日夏少年記 第7章 駆馬兄さん〈前編〉 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 2ヶ月前
    • 702文字

     ここで 、僕の人生に大きな影響を与えた1人の男の話をしよう。 ほんとはこの本の前書きと後書きを僕は彼に書いてほしかった。約束もしていた。  しかし、そんな彼はもういない。それでも僕には、あ…

  3. 日夏少年記 第6章 戦争の進行 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 2ヶ月前
    • 355文字

     東京帝国大学文学部で夢を追う少年の心とは裏腹に進行していく太平洋戦争。 そして、1962年6月7日、遂にミッドウェー海戦が始まる・・・・

  4. ヒステリック エンジェル。 ヒステリック エンジェル。 / エセー

    • 後藤りせ
    • 5ヶ月前
    • 20,951文字

    あたしは、天使。

  5. クリスマスの死 小説

    • Juan.B
    • 9ヶ月前
    • 5,951文字

    ※クリスマス特別小説。 ※混血×クリスマス×商業主義×子供×ガミガミ親×弱者×クソ。

  6. 舟 – 6 / 小説

    • 斧田小夜
    • 10ヶ月前 更新
    • 13,068文字

    その女が来ることを僕は知らなかった。確かにおかみさんはあわただしく旅籠屋と茶屋を行き来していたが、僕はまだ墓にはいっていないやえに話しかけたり、隣であやとりをするので忙しかったのだ。 やえの骨壷…

  7. 舟 – 4 / 小説

    • 斧田小夜
    • 11ヶ月前 更新
    • 8,321文字

    川の水が引いたのは三日後だった。 僕たちがせっせと舟の泥をおとしている時、やえはおかみさんに手を引かれて茶屋にやってきた。やえは妙な顔をしてしきりにきょろきょろとしている。そのうしろから背を丸め…

  8. よしこのこと(1) 生きるということ / 小説

    • 二十三時の少年
    • 1年前
    • 5,503文字

    薬中パラノイアのヒモ男は、長々とした独白と共に「今までの人生でとっておきにビザールな女」の話を始める。

  9. ひたすらと佇む 二十四分の一の幻想集 / 小説

    • 二十三時の少年
    • 1年前
    • 4,328文字

    どうもそういうわけで、今日も男は佇んでいるのです。

  10. 新生正戯 下 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 1年前
    • 11,466文字

    ※破滅派オリジナル作品。 パウロとタキは、パウロとエンリケが小さい時に良く来ていた公園を訪れていた。しかしそこへ、警邏中の石原と草薙も現れ……。