タグ: リアリズム文学 134件

  1. エレベーターホール、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 10日前
    • 1,540文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  2. 空港、バンド練習スタジオ、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 13日前
    • 3,490文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  3. 面接室、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 27日前
    • 5,015文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  4. オープンテラス、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 27日前
    • 693文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  5. 贅肉の繭にくるまれて 小説

    • 夕凪もぐら
    • 2ヶ月前
    • 10,759文字

     あなたにもできるダイエットストーリー。  太っていることは罪であろうか、それとも罰であろうか。

  6. モカブラウン 鎖骨のレイピア / 小説

    • 小雪
    • 2ヶ月前
    • 3,534文字

    学校をサボって、喫茶店を見つけた小諸桃子だったが――彼女はやはり、喫茶店に置いても生きづらかった。言葉にがんじがらめになる日々に、さよならを告げる日はいつ来るのか――読者の私は、もやもやするばか…

  7. 路地裏、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 2ヶ月前
    • 1,689文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。

  8. 喫茶店 鎖骨のレイピア / 小説

    • 小雪
    • 2ヶ月前
    • 3,145文字

    ゆでたまごを三つ堪能した後、学校をサボる小諸桃子だったが、彼女は、横浜駅で、喫茶店を探すのに苦労していた。休憩する場所ひとつ探すのにも、疲れてしまうこの社会で、彼女がようやくたどり着いた場所とは…

  9. 入学 鎖骨のレイピア / 小説

    • 小雪
    • 2ヶ月前
    • 3,323文字

    人間ってどこまでも難儀な生き物である。言語の不自由さに生きづらさを感じながらも、言語に依存しながら身体を作っていかなければならないのだ。そして、気づいたときには、取り返しもつかないくらいに、いび…

  10. 非常用階段、 途中の人間 / 小説

    • siina megumi
    • 3ヶ月前
    • 1,837文字

    母 ナデカ 息子 デン この親子の「シゴト」は、この世に不要で無価値になってしまった人間を、社会的に追い詰め自殺させることだった。