タグ: リアリズム文学 69件

  1. 尿道が+(プラス) エメーリャエンコ・モロゾフ翻訳集 / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 2日前 New!
    • 1,463文字

    ロシアでTVドラマ化され人気を博したエメーリャエンコ・モロゾフの晩年の作品を翻訳しました。

  2. ヒッピー・トレイル・スパークス (幕間 帰国後2 ヒッピー・トレイル・スパークス / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 29日前
    • 2,141文字

     インターネットに接続するのに電話回線をモデムに挿してピーガーやってた時代の話です。(次話:オーストリア編)

  3. ヒッピー・トレイル・スパークス (チェコ ヒッピー・トレイル・スパークス / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 1ヶ月前
    • 31,035文字

    プリュゼニュからプラハ、ブルノまで、ロックとロマンスのお話です。

  4. ヒッピー・トレイル・スパークス (幕間 帰国後1 ヒッピー・トレイル・スパークス / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 1ヶ月前
    • 4,188文字

     帰国後を間に挟むことにしました。

  5. ヒッピー・トレイル・スパークス (スイス ヒッピー・トレイル・スパークス / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 1ヶ月前
    • 21,767文字

     セックス・ドラッグ・ロックンロール・ヘイト・愛国ポルノは次話以降です。(次話:チェコ編)

  6. ヒッピー・トレイル・スパークス (出国前 ヒッピー・トレイル・スパークス / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 1ヶ月前
    • 13,242文字

     底辺高卒の若者がバックパックを背負ってヨーロッパに向かうまでのお話です。(次話:スイス編)

  7. アスタリスク 小説

    • 長崎 朝
    • 1ヶ月前
    • 19,346文字

    冬の匂い。消失点へと伸びていく新幹線の残像。死んだ妻の実家で新年を迎えることになった湯川は、ひとり東京駅のプラットフォームにいた。「ただの他人」の人生の綻びを修繕していくかのような義祖母の毛糸を…

  8. 小説

    • 佐藤相平
    • 2ヶ月前
    • 15,514文字

    第5回金魚屋新人賞 第二次審査通過作品の一つの後半をカットして改題。 ちょうど一年前、日馬富士のビール瓶事件があった頃に書いた作品です。 舞台はMARK IS  みなとみらい

  9. 目覚める頃には エメーリャエンコ・モロゾフ翻訳集 / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 2ヶ月前
    • 2,428文字

    エメーリャエンコ・モロゾフがコールドスリープ中に夢想したショートショートです。

  10. ハニュー・ユヅルと消えたビブーティ エメーリャエンコ・モロゾフ翻訳集 / 小説

    • 諏訪靖彦
    • 2ヶ月前
    • 15,712文字

    エメーリャエンコ・モロゾフがフィギュアスケート選手のメンタルトレーナーをしていた頃に書いたファンタジー小説の翻訳です。 ※小説に出てくる架空の人物について問題があれば連絡下さい。私は何のポ…