タグ: リアリズム文学 13件

  1. ヒステリック エンジェル。 ヒステリック エンジェル。 / エセー

    • 後藤りせ
    • 29日前
    • 20,951文字

    あたしは、天使。

  2. 天覧駅伝 小説

    • Juan.B
    • 5ヶ月前
    • 6,907文字

    ※破滅派オリジナル作品。 近未来、ある新年の駅伝。混血の走者はラストスパートに向かっていた……。

  3. クリスマスの死 小説

    • Juan.B
    • 5ヶ月前
    • 5,951文字

    ※クリスマス特別小説。 ※混血×クリスマス×商業主義×子供×ガミガミ親×弱者×クソ。

  4. 舟 – 6 / 小説

    • 斧田小夜
    • 7ヶ月前
    • 13,068文字

    その女が来ることを僕は知らなかった。確かにおかみさんはあわただしく旅籠屋と茶屋を行き来していたが、僕はまだ墓にはいっていないやえに話しかけたり、隣であやとりをするので忙しかったのだ。 やえの骨壷…

  5. 舟 – 4 / 小説

    • 斧田小夜
    • 7ヶ月前
    • 8,293文字

    川の水が引いたのは三日後だった。 僕たちがせっせと舟の泥をおとしている時、やえはおかみさんに手を引かれて茶屋にやってきた。やえは妙な顔をしてしきりにきょろきょろとしている。そのうしろから背を丸め…

  6. よしこのこと(1) 生きるということ / 小説

    • 二十三時の少年
    • 10ヶ月前
    • 5,503文字

    薬中パラノイアのヒモ男は、長々とした独白と共に「今までの人生でとっておきにビザールな女」の話を始める。

  7. ひたすらと佇む 二十四分の一の幻想集 / 小説

    • 二十三時の少年
    • 10ヶ月前
    • 4,328文字

    どうもそういうわけで、今日も男は佇んでいるのです。

  8. 新生正戯 下 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 12ヶ月前
    • 11,466文字

    ※破滅派オリジナル作品。 パウロとタキは、パウロとエンリケが小さい時に良く来ていた公園を訪れていた。しかしそこへ、警邏中の石原と草薙も現れ……。

  9. 新生正戯 上 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 12ヶ月前
    • 12,720文字

    ※破滅派オリジナル作品。 ※筆者や筆者の知人の体験を一部含んでいる。 北関東某県警の新米婦警草薙は、いよいよ自分が警察官としての力を行使できる喜びに震えていた。 そしてある団地の前では…

  10. ●●●と絵が嫌いだから、就職できない。 第1章 (1) ●●●と絵が嫌いだから、就職できない。 / 小説

    • 工藤 はじめ
    • 1年前
    • 975文字
    • 検閲済み

    電子書籍化をするかどうか検討しているので、途中まで公開。