タグ: リアリズム文学 37件

  1. 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第18話 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) / 小説

    • 勒野宇流
    • 5日前 更新
    • 2,827文字

       内田がやってきて、依本は原稿を渡す。   「ほう、もう完成したんですか。助かります」    表情は変わらないが、一応お褒めの言葉は引き出せた。とりあえず目標の一つは達成したことになる。根を…

  2. レアリテ飼育生物 ルポ

    • 大和柚希
    • 6日前 更新
    • 1,913文字

    毒家サヴァイヴァーは、更なる広い世界でサヴァイヴします!

  3. 普遍 小説

    • 髙橋
    • 10日前
    • 469文字

    つらつらと語る。 試験投稿に近似。

  4. 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第17話 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) / 小説

    • 勒野宇流
    • 10日前
    • 1,783文字

       (第17話)      まだ依頼があったころ、編集者に「がんばって書いてますか?」とよく言われた。依頼主にケチをつけるなんてできないので受け流していたものの、実に違和感のある言葉だなぁと依…

  5. 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第16話 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) / 小説

    • 勒野宇流
    • 13日前
    • 2,363文字

       (第16話)      「大葉」で、久しぶりに女神と会った。    もっとも会ったからといって話をするわけでもない。知り合いでもなんでもないのだ。単に見かけた、という程度だ。    その日…

  6. 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第15話 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) / 小説

    • 勒野宇流
    • 17日前
    • 4,023文字

       (第15話)      1冊分を書きあげた依本は内田に送った。    デビュー時には、直接手渡すか、書留で送るかだった。それが今や、メールに添付するだけとくる。レトロな感覚を持つ人間として…

  7. この国で生きるには俺達はまとも過ぎる 小説

    • 小説書き123456
    • 19日前
    • 37,970文字

    平凡な青年だった『俺』はとあるきっかけにより合法ハーブと出会う。 自分達の世代を『奴隷の世代』と揶揄する『俺』は自殺しないためにも暴走しないためにも合法ハーブをするようになった。 やがて鬱病…

  8. 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第14話 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) / 小説

    • 勒野宇流
    • 23日前
    • 2,060文字

       (第14話)      駅で内田と別れた依本はぜんぜん呑み足りなかったので、「大葉」の暖簾をくぐった。    いつもの壁際がうまい具合に空いていて、落ち着く場所を確保できたことに満足する。…

  9. 影なき小説家(ペイパーバック・ライター)第13話 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) / 小説

    • 勒野宇流
    • 27日前
    • 2,539文字

       (第13話)      3日後の夕方、内田が進捗状況を確認しに来た。    すでに3分の2まで書き上げている依本は、内心の得意気を隠しながら、プリントアウトした原稿を渡した。    しかし…

  10. 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) 第12話 影なき小説家(ペイパーバック・ライター) / 小説

    • 勒野宇流
    • 30日前
    • 2,749文字

       (第12話)      謎の人物は伝説も生まれやすい。詠野Zにもいくつか噂があったが、その一つを抜き出すと、このようなすさまじいものだった。    それは詠野Zが、まるでタイピストが原稿を…