それでも原爆投下に抗議し続ける理由

諏訪真

エセー

381文字

原爆の日に思うこと。

日本国政府が原爆投下に対して抗議し続ける理由は、正直いって大戦末期の日米の理由とはまた別にあると思っている。寧ろ近い将来、あるいは遠い将来に関係する話である。

例として、日米とも無関係のA国B国が戦争を起こしたとする。
B国が劣勢なのにA国がダメ押しに核兵器を投下したとする。B国は当然抗議するだろう。もしこの時点で「原爆投下は致し方ない」と、日本が公式コメントを残していたらどうなるか。

A国は絶対それを引き合いに出すだろう。かつての被爆国の日本も受け入れたんだぞ? だからお前たちも受け入れろ、と。

直接ではないにしても、遠回しにでもそういう圧をB国にかけることは想像に難くない。そうなったら、B国のヘイトはA国だけじゃなく、日本にも向くだろう。

だから、そんな無関係の国同士の諍いに巻き込まれないために、今もそしてこれからも、原爆投下には抗議し続けないといけないのだ。

2020年8月7日公開

© 2020 諏訪真

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"それでも原爆投下に抗議し続ける理由"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る