私の好きなものを好きな、嫌いな君の話

朔の日

286文字

お風呂の湯船

フタの裏

しずくができて

落ちそうで

耳まで浸かった私は

ただただ見てる

 

私が好きと言ったもの

あなたはすぐに

好きになる

それでやきもち焼いている

私のことなど

知らないでしょう

 

思ってみてもいないでしょう

 

私は

私が好きと言うものを

すぐ好きになるあなたのことを

曇った目で見る私が嫌い

 

優しさだとは分かっている

向き合ってくれているのだと

分かってはいる

 

つもりでいる

 

お風呂の湯船

フタの裏

しずくができて

落ちてきた

耳まで浸かった私に

波紋が出来て

ぶつかった

2017年4月11日公開

© 2017 朔の日

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"私の好きなものを好きな、嫌いな君の話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る