忘れなんこう

ぱるんちょ巡礼記(第8話)

ほろほろ落花生

1,269文字

第8章のテーマはおくすり。
業務用ローションにはポエジーがあります。

実験

 

ふられた女は

東京大学薬学部で

分子細胞生物学をやっている女

 

五年ぶりにコンタクトをとりつけ

コーヒー飲みつつ お話しした

 

話題は彼女の研究について

彼女は毎日 ラットを水槽に浮かべる

ぽっとん

ラットはけっこうがんばってから

沈む

文字通り 「足掻く」 というやつ

沈むまでの時間を丹念に計測する

 

彼女の試薬を注入したラットは

けっこうがんばるらしい

足掻いている時間がノーマルより少しだけ長いらしい

 

彼女は鬱病の新薬を開発したいらしい

 

 

実験

 

私がどれだけ君のことを好きだったか

自分でもなにをしゃべっているか分からなくなるまで

2015年8月22日公開

作品集『ぱるんちょ巡礼記』第8話 (全10話)

ぱるんちょ巡礼記

ぱるんちょ巡礼記は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 ほろほろ落花生

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

薬物

"忘れなんこう"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る