あじゃ、てい

ぱるんちょ巡礼記(第6話)

ほろほろ落花生

1,503文字

第6章はへんてこです。
自己検閲をかけるとき、人間はけっこうきわどく自分を試みているのではないでしょうか。

あじゃ、てい

 

額ずく俺に血塊ゆるくこぼれ獄の音律に腹を焚かれどら犬の叫喚はアガヌの神に仰臥して

 

ハマッサン

ハマッサンよ

あがれの狂いよ

 

 

 

笑って、暮らそう。

 

呪詛でない。ひとりごつ俺味蕾にはりつく残照こそげおとしているでないか。断罪。うんどうがいつのまにかせびるように。過去の熱の残滓に噎せ返りながら終わるものとしてのにおいに懲罰として唾液くちゅくちゅするうんどう。なめとったのこりかすは御霊みたまをあらうささげもの。

 

「つみ、あがなうみちは、ありません。さいわいに、いたるみちは、ありません」

 

2015年8月20日公開

作品集『ぱるんちょ巡礼記』第6話 (全10話)

ぱるんちょ巡礼記

ぱるんちょ巡礼記は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 ほろほろ落花生

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"あじゃ、てい"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る