ぱるんちょ巡礼記(第10話)

ほろほろ落花生

3,922文字

終章です。
海にはご都合主義的な快楽があります。おつかれさまでした。

投了

 

そろそろ、かなあ

 

 

小景

 

君のまつげがない

右目のまつげだけがない

 

午前零時のガストにて

おたがいに抱え込んだ負債をどう返済しようかと

笑ってる場合じゃないのにもはや笑うしかないし

それでも笑えないわたくしたちは

ドリンクバーのレモンスカッシュを飲す

 

グラスをみつめる君の右目から

まつげが失われている

 

レモンスカッシュって いい言葉だよな

そう言われて 呟いた

わたくしの唇から発せられた

レモンスカッシュなる音は

わたくしたちの手からすべりおちてしまった済度の記憶

中空に消えて 薄黄の燐光を散らす

 

その宿命的な一日に

君は壊れたかばんを直そうとして

ダイソーで瞬間接着剤を買ってきた

そいつがきちんとでるか確かめたかった 確認したかった

 

キャップをはずしたチューブの先をみつめて

君はやさしく さぐるように

にぎりしめた手に力をこめた

 

つかのまの黙祷と

おとなった幻痛のいくつかを経て

君はやさしく力をこめた

 

わたくしたちは期待するより多くのもの

より少なきものを求めてはならないから

 

疑惑や畏怖に指先をふるわせ

生き身に味わった拳骨リアクションのすべてを想いかえしながら

君はやさしく力をこめた

もう一度、と

 

それはほとんど

愛といってもよかった

 

チューブからは君の願いよりはるかに多くの接着剤があふれ出て

右目にほとばしった

 

レモンスカッシュの恩寵から遠くはなれてしまった君の

やさしさ加減に問題があったにせよ

 

あんなにも愛が試されて

やさしく力をこめたはずなのに

 

いまここで

レモンスカッシュを飲しているというのに

 

右目のまつげだけがない

君のまつげがない

 

薄明

 

おい

おいおい

なにを期待して 来たんだ お前?

この海っぱたまで

ひとりでなにしに来たんだ?

まさか「自己解放」だとかいうなよ

恥ずかしくないのか?

お前 いまいくつだ?

 

 

薄明

 

鷹栖海岸 夕ぐれ

砂浜に散らばってるのは

断面を削りとられて 丸くくすんだガラス片

きたならしくひからびた藻屑

うちあげられ 乾いて硬まった匿名の小魚

ロケット花火の棒きれ

半端に砕けた貝殻

特になんの感興もわかないその色は

2015年8月24日公開

作品集『ぱるんちょ巡礼記』最終話 (全10話)

ぱるんちょ巡礼記

ぱるんちょ巡礼記は2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 ほろほろ落花生

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

海洋

"海"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る