ゆすらうめ鉱

ゆすらうめ鉱(第2話)

ほろほろ落花生

1,295文字

あまずっぱい放射性物質が人類の存在そのものを改変する。
というようなことがあってもいいかもしれません。

RGBα

 

きまじめな職人が精製した

クリスタルアンゼリカの倒木に斧を入れ

 

そらが瑠璃貝色の驟雨をつめたく降らすとき

ビーカーをさしだしてすこし留め

 

岩盤にはしるゆすらうめの細い鉱脈から

ひっそりと採掘する

 

ぼくたちはそれら素材の波長を計測し

漉しだし紡ぎ

曖昧で個人的な光源となした

 

投射される色彩は水源となり

混じられて

あたらしいスペクトルをうみだす

 

恒星と地核に届くふかい浸潤は

虹を蝕し

理と記憶を反転させた

 

いつかそのゆめは地上におかされて

いつか君のまなこが白濁したように

 

現実でないものはひきちぎられる

 

ひびわれたアンゼリカ

瑠璃貝の褪色をふせぐ手立てはない

2015年9月2日公開

作品集『ゆすらうめ鉱』第2話 (全3話)

ゆすらうめ鉱

ゆすらうめ鉱は1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2015 ほろほろ落花生

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"ゆすらうめ鉱"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る