きれいな断面

ほろほろ落花生

1,304文字

世界を初めてみる
あなたのことを思うたびに
こころが痛むよ

 

どうしてこころが痛むのかって?

 

オンブレ

 

お前をどうしようか
見せたくないものが多すぎる

 

生命的な記憶起源をさぐっても
せんかたないし
宇宙酒場でアンチナタルエンジン始動して
言っておく

 

ちなみに
よい飲み物があるときは
きれいな断面を置いておくといいんだよ

 

そもそも最初に
当たり前のコトをきちんと断っておくけれど
君は生まれてこない方がよかった

 

自分の生存を祝福しなくてもよい
呪わなくてもよい

 

当たり前の話だが
君の生存をこころよく思っている人なんて
この世界にひとりもいない

 

空についても
星についても考えなくていい

 

そういうところで過剰な労力をつかわないように

 

ソコントコロで
変な錯覚を起こさないように

 

君の前に
「世界は美しい」等と恫喝する人間が現れたなら
脅迫者をしっかりと軽蔑しなさい

 

あるいはまた
自らが捏造した「人生の目的」を注入しようとする連中は
殺してもかまわない

 

そういう連中ってのは
自らを継続させる術にのみ長ずるそういう連中ってのは

 

まだ言わせるのかい?

 

オンブレ

 

疲れてるんだよ
ほんとに

 

くたくたなんだ

 

そういうゲス共は勝手に這いずりまわって
墓穴の中に自滅していくだけなんだから
ほおっておけばいい

 

人間は殺してるな

 

そのへんのカラクリを生存本能だとかナントカで
くっちゃくちゃに言い訳できてしまうのであるし

 

芸術で目くらましをしようにも
君はそんな馬鹿馬鹿しい甘言ではもうたぶらかされないんだから

 

単純に
ソンナモンで君の怒りも喜びもしずまるわけがない

 

オンブレ

 

昨日サークルKで
MEGAフランクを頼んだんだけれど
ケチャップとマスタードのディスペンパックが入ってなかったから
取りに戻ったよ
気弱そうな高校生が無言で渡してよこしたから
一時間叱り飛ばした
あのときの俺はあいつを殺そうと思ってたな

 

さて古来
様々の人間たちが様々に
ストーリーをひり出して
この世界の残酷さと
なんらかの補填を説明しようとしてきた

 

それで?

 

鳥が鳴こうが、太陽がどうこうしようが
君の実在にとってはなんも関係がない

 

人間の生殖と茶番は延々と続くんだろうし
君はそれをながめることしかできない

 

鉱石になることもできない

 

今日もまた
生きていきましょうのオハナシがうみだされて
消費されていく

 

世界を初めてみる
あなたのことを思うたびに
こころが痛むよ

 

オンブレ

 

なあオンブレ
どうしてお前はそこにいるんだ?
さっきから消えてほしいと思ってるんだよ

2016年12月7日公開

© 2016 ほろほろ落花生

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩

"きれいな断面"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る