何故死

渡海 小波津

小説

588文字

新聞記事より「世間の心が離れているのを最近感じている」という作業現場の声を受けて

何故死

 

私の父は、ぽっくりと死んだ。享年四八歳だった。

知らされたのは母からの電話だった。授業中、先生に呼ばれ職員室の電話に出ると母が××病院に急いで来るように、疲れたような何か言わなければならないこ とを言えないでいるようなふうでそれだけ言った。私は誰か親戚に病気だと聞いていた人がいただろうかと思い巡らせてみたが思い当るところがなかった。それ でも母の様子からするに近しい人の身に何かあったのだろうと感じはしたものの、それがまさか自分の父親だとは病室に入るまで想像だにできなかったのだ。

「行ってきます」

その日もいつも通り家を出た。父もいつも通りリビングで新聞を読んで見るでなく行ってらっしゃい、と送り出してくれたはずだった。

何かあったとすればその後だろうか。父が仕事に出るのは八時だったはずだから、私が家を出てから四〇分の間に父は病院に運ばれたことになる。

私は病室に入ってから、ただそんなことを考えていた。だって理由がないのだ。昨日も、一昨日も、一昨昨日も、……いつも通りだった。

ただ数年前、父は厭な水を浴びたと言っていた。ただそれだけなのだ。それだけなのに――。

 

 

 

―― It’s preposterous. What’s ? or Who’s ? or……Both?

2013年10月22日公開

© 2013 渡海 小波津

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"何故死"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る