雨は僕の。

村星春海

小説

448文字

湿度、湿り気。
そんな居心地の悪い梅雨時でも僕はどこかで心が休まるのです。
467文字です。お暇なら読んでください。

 古いアパートの一室。色の褪せた畳の上で、僕は一人、短パンとTシャツといった格好で、昼の十二時というある種目処のたった時間を過ごしていた。趣味の物書きをしていた僕は、漂白剤の匂いが漂ってきそうなほどに白い画面の上でパラパラと羅列されたコンピュータの無機質な文字を、梅雨特有の重い湿り気をもった薄暗い部屋の中で読んでいた。
 そうしていたとき、鼻腔にすこし懐かしい匂いを感じたのだ。
 
 すこし考えたあと、ピリッと脳裏に浮かんだ。あぁ、これは幼い頃に、物音のしない静かでたった一人、実家の居間にいた時に感じた匂いだ。耳を澄ませて初めて聞こえるシトシトという、雨がアスファルトを濡らす音。その雨は大粒でも大雨でもない、誰かに気を使ったような、遠慮がちで奥ゆかしくて、恥ずかしがり屋の雨だった。たった一人で暗いところにいた僕にそっと寄り添ってくれたんだろう。

 
 そんな雨が何十年も経った今、再び僕の前にこっそりと遠慮がちに現れたのだ。昔も今も、僕は一人ぼっちだ。雨が友達だ。君が良ければ、しばらくここにいてくれないか?

2021年6月11日公開

© 2021 村星春海

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"雨は僕の。"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る