別れ話

諏訪真

小説

770文字

別れ話を切り出されるより、多分切り出したほうが傷が浅くていい、と思っているんだろう。

掌編祭参加作品 その三
https://note.com/sait3110c/n/n6667047e3d08

別れ話をどう切り出そうか迷っている。カナミがヨシト、タカヒロ達にチョコレートを渡しているのを見てしまった。それが本命ではないことを理解している。

だが、その温度感が分からなかった。俺の時とあいつ等の時と、その差が俺にはほとんど同じにすら見えてしまったからだ。カナミはよくモテた。なぜ俺と付き合っているのか、今でも分からない。確か付き合うきっかけはカナミからだった。俺から言うことは無理だっただろう。本当にあっけらかんと、カラオケに行った帰りに、来週も行こうか、という位のノリで「あたしら付き合おうか」と。その時のカナミの気持ちは分からない。ヨシトに渡している時のこともだ。その理由が分からなかいからこそ、きっとそのうち俺達の関係も破綻する。これ以上一緒にいることも無理なのだろう。

 

LINE通話でカナミを呼び出した。秒で繋がった。
『どしたん?』と。
『ああ、えっとさ……』

ごめん、やっぱり俺ら無理だわ。そう言ってしまえばいい。ああ、待て。なんの話題からそう繋げるんだ? ヨシトの件からだろう? あいつ等のことを聞けばいいだろう。「ぶっちゃけ誰でも良かったんだろうが。あいつに渡したアレ、一体何だよ?」と。

駄目だ……みっともなくて聞けない。

『そういえば、お前ホワイトデー何が欲しかったっけ?』

とっさに連想的にホワイトデーのことを聞いてしまった。

『なんでもいいよ』とカナミは気だるげに言った。続けて

『あ、でも、何か食いに行った方が嬉しいかも』

それだけ聞くと通話を切った。鏡を見るまでもなく、俺はきっと今とてもバカみたいな顔をしている。だからこれ以上みっともなくさせないために、最後の勇気を振り絞って明日カナミに直接言うだろう。そう思ったがきっと明日までだと切り出すシナリオも思いつかないので、ホワイトデーまではかかりそうだとボンヤリと思った。

2021年2月4日公開

© 2021 諏訪真

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"別れ話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る