渡海 小波津

小説

493文字

どこまでその夢と現実の差を受け止められるのだろうか

深い深い緑葉の下、私は全身に蝉時雨を浴びているはずであった。

 

ある日のことだ。いつものように重たい土を押しのけて、自分ひとり分の空間で、じっと動かずにいた。かすかに頭上から染込んでくる蝉の声を聞いていたのだ。蝉のやつは昨年までは同じ土の中にいたというのに、先日人の頭を押しのけて、はるか上空へ、何か果たしきらねばならぬ使命でも背負うかのように一心に上っていくのであった。そんな蝉の時雨が染込む土中で私もまた、その使命の授けられる日を待ち続けているのだ。

いや、使命などどうでもよい。私はただ、青空を、深緑を、太陽を、天頂突き抜ける入道雲を、夏というやつを謳歌したいのだ。私はこの森の王者たる甲虫。巨木に群がるすべての虫を退け、黄金の樹液を豪快に啜る。喧嘩っ早い鍬形を投げ打ち、新樹の蜜を貪り尽くして夏を生きる。

そのときが、来ている。黄金の薄皮を脱ぎ取り、赤土色のまだ柔らかい前足で土をかく。使命などまだ分らないが私も去年の蝉のごとく天上を目指して上る。

冷たい土が温くなりはじめる頃、私は全身を震えさせるような音を聞く。

そこにあったのは黒いアスファルトの大地だった。

2012年9月9日公開

© 2012 渡海 小波津

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

純文学

"虫"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る