Adan #56

Adan(第56話)

e.s.

小説

637文字

ワタキミ的アイスバーグ作戦 〈4〉

正面衝突したけど、僕は三メートルほどぶっ飛ばされただけで驚いたことにまったくの無傷だった。蓄えていた脂肪は無駄じゃなかったってわけさ。逆走するペスパに轢かれて死にたくなければ僕のようにたっぷり脂肪を蓄えておくことをお勧めする。

 

「鏡に映った自分の姿を見て目ん玉に逃げられたんなら大人しく屠畜場とちくじょうへ行け! あ! お前もしかして当たり屋か? 当たり屋なら私ではなく他を当たれ!」とワタキミちゃんは倒れている僕に向かってそうまくし立ててたっけ。それに対し僕はね、「当たり屋などでは決してない!」といった当たり屋が必ず言い返しそうな発言に終始しちゃった。

 

働きづめのワタキミちゃんの口に休息が訪れたのは、どこからともなく現れたチベットスナギツネみたいな顔をしたおじさんがワタキミちゃんに向かって「おまえ目ん玉ついてんのか?」と言ってくれたからなんだ。そのチベットスナギツネさんがいなかったなら、僕はワタキミちゃんの笑顔と丁寧語を見聞きすることはできなかったろうさ。チベットスナギツネさんのおかげでワタキミちゃんの僕に対する敵意は払拭された。そうして一方通行道路と彼女の口に平和が戻ったのだった。

 

例によって僕はワタキミちゃんに一目惚れしたよ、うん。そんなわけで僕は彼女と話がしたかったから、道路の脇の駐車スペースを教えてあげたんだ。するとワタキミちゃんはね、僕とぶつかって死ぬとこだったベスパ(そいつも運よく無傷だったよ)をそこに駐めて僕と話をしてくれたのさ。

2020年10月1日公開

作品集『Adan』第56話 (全60話)

© 2020 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #56"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る