Adan #58

Adan(第58話)

e.s.

小説

834文字

ワタキミ的アイスバーグ作戦〈6〉

僕とワタキミちゃんのそのあとのやりとりは割愛するよ。ワタキミちゃんの口からカントだとかドゥルーズだとかいう固有名詞なのか動詞なのか数詞なのかもよく分かんない言葉が出てきちゃったから。

 

そんな話をするよりワタキミちゃんの外面について話したほうが有意義だと思うからそうするね。彼女は西洋不美人が憧れるような東洋美人だったよ。ワタキミちゃんは一重瞼で、肌の色が僕のテストの解答欄くらい白くって、なおかつその肌のきめは殺虫剤の注意書きよりずっと細かかった。髪型はストレートの黒髪ロングで、前髪は目の上でそれはまるで死者の心拍数みたいに水平にカットされていた。でもね、僕がワタキミちゃんの外見で一番魅力を感じたのはその美しい肌でも前髪でもなく、彼女の口元だった。ワタキミちゃんは吸血鬼バンパイアもおののくのではないかと思うくらいの鬼歯やえばを聖なる神から授かっていた。僕はワタキミちゃんと出会った瞬間その鬼歯で首筋をガブっといかれちゃったってわけさ。あ、出会ったときのワタキミちゃんはどのような服装をしていたのかというとね、彼女はビッグサイズの紫色のパーカを着てたよ、膝上丈の。

 

「スピノザって食べもの? そんなことより君の曲を聴いてみたいな」と僕が言ったら、ワタキミちゃんは制作中の曲に使用するリリック候補の書かれた紙を僕に見せてくれたのだけれど、ええと、その紙に書き殴ってあった彼女のリリックは紹介できないんだ。どうしてかというと、もしもその紙がホワイトハウス周辺に落ちてたらトランプ大統領は地下壕バンカーTwitterを投稿する羽目になっちゃう——うん、端的に言うとね、ワタキミちゃんのリリックはアメリカに対するすっごい悪口だったんだ。でも誤解しないで。ワタキミちゃんは平和主義者パシフィストなんだよ。その証拠に彼女はこんなリリックも書いてた。

 

白と黒が混ざった灰色こそ平和のシンボルカラーといっていい色なのにその灰色は心理的に平和を感じさせない。平和とはそういうものなのよ

2020年10月22日公開

作品集『Adan』第58話 (全71話)

© 2020 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #58"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る