隣にいる君を探して 第7話

隣にいる君を探して(第7話)

中野真

小説

2,654文字

僕たちは、本当は、いったい何を見て、何を考え、どこへ向かっているのだろう。 隣にいる君を探して第7話

 知らないIDから連絡が入った。僕は反射で通信に応じた。

「ミナ?」

「三浦コータさんですか?」

 知らない女性の声だった。事務的な彼女の言葉を僕はなかなか理解できなかった。

「ミナは無事なんですか?」

「ですから、現在は精神安定剤の投与によって意識がありませんが状態は安定しておりますので。こちらへはいつ頃お着きになられますでしょうか?」

「今すぐ向かいます」

 近くの自動運転車を検索しながら階段を駆け下りた。満月が僕を照らす。とっくに日付はまたいでいたのに、妙に明るい夜だった。予約した自動運転車の方へ息を切らして走る。一緒に探してくれた知り合いにミナが見つかったとメッセージを送る。それから何度も連絡が入るが僕は全部無視した。後で謝るから、今はちょっと待って。リョースケにだけ事情をメッセージで送り、あとの対応は任せた。あの手紙から推察される、最悪の事態ではないんだ。ミナは、いや、ミナコは生きていた。

 自動運転車に音声認識で行き先を入力し、法定速度の走行に苛立ちを覚えながら僕はミナ、いや、尾本ミナコと二度目に会った時のことを思い出していた。それは学科をまたいだ一般教養の講義でのことで、メタコミュニケーションについての授業だった。僕はAIとのメタコミュニケーションは可能かということについて興味を持っていたのだが、講義は人間同士のメタコミュニケーションについての話ばかりで、シラバスをよく読まずに申し込んだことを後悔していた。そして改めてシラバスを読み返すと、後半にはグループディスカッションなどが予定されていて、そういうことが苦手な僕はますます億劫になった。必修ではない講義なので別に落としてもいいかと思いながら、一応講義形式の授業の最後までは出席していたのだが、その最後の授業の時にグループ決めがあり、ランダムで僕が割り振られた班に、尾本ミナコがいた。

2019年8月6日公開

作品集『隣にいる君を探して』第7話 (全13話)

隣にいる君を探して

隣にいる君を探しては6話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 中野真

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF

"隣にいる君を探して 第7話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る