隣にいる君を探して 第9話

隣にいる君を探して(第9話)

中野真

小説

1,890文字

僕たちは、本当は、いったい何を見て、何を考え、どこへ向かっているのだろう。 隣にいる君を探して第9話

「本当に大丈夫なのか?」

「だいじょぶだいじょぶ、俺だぜ?」

 朗らかに笑うリョースケだったが、彼は今さっき、そこには警察がいるというのに、僕が気づかれず病院を出られるように院内の監視ロボットをハックして五分間だけダミーの映像を流していた。こいつは今直ぐにでもテロリストになれる。どうして警察はミナのことなんて疑っておいてこんな危険な人間を野放しにしているんだろう。

「とりあえずありがとう」

「な、俺にレポート見せといてよかっただろ」

「……その恩はまだ結構残ってるよな?」

「なんだ、まだなんかあんのか?おもしろくなってきたじゃねーか」

 わかりやすい悪者のように「クックック」と笑うリョースケに呆れることで僕は少し落ち着きを取り戻した。

「状況は大体調べたから話さなくていいぜ。まずは何からする?」

 調べたというのは、つまり警察の情報をハックしたということだろうか。いや、今はそんなことはどうでもいい。まず確かめなければならないことは、この通り魔事件の被害者についてだ。僕はアリシアのデータから、あることに気がついた。

「うちの大学の学生課から、十年前にクローバーの森へボランティアに行った人の名前を調べてほしいんだ」

2019年8月6日公開

作品集『隣にいる君を探して』第9話 (全13話)

隣にいる君を探して

隣にいる君を探しては6話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 中野真

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF

"隣にいる君を探して 第9話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る