隣にいる君を探して 第11話

隣にいる君を探して(第11話)

中野真

小説

3,986文字

僕たちは、本当は、いったい何を見て、何を考え、どこへ向かっているのだろう。 隣にいる君を探して第11話

 メトロシアターでミナと『ライフ・イズ・ビューティフル』を見た時のことを思い出した。二人でしばらく静かに泣いた後、ミナは僕のポケットから勝手にハンカチを引っ張り出して鼻をかんだ。

「ねえ、べちょべちょじゃん」

「いいの。私が買ってあげたんだし」

 まあいいけど、と僕は紙コップの底に残っていた氷を噛み砕いた。洗濯は僕の仕事なんだけど、とは思った。

「幸せってなんだろうね。最後までお父さんに騙し通されたあの子は、幸せだったのかな。その後に真実を知ったとしても、今その瞬間は、幸せだったよね。でもその後は?本当の幸せって、なんなんだろう。お父さんの嘘は、正しいことだったのかな」

「幸せに、正しいとか間違っているとかは、ないんじゃないかな。目の前の人を想って、今の自分にできることをする。それが大切なんじゃない?時が経って、その瞬間の意味が変わってきても、そこにあった愛は嘘にはならないと思うな」

「そっか。コータは、優しいね。私は、そんなに強くないから、お父さんに怒っちゃうと思う。どうして信じて一緒に逃げ延びてくれなかったのって。その時どんなに辛い思いをしても、それから先を一緒に生きてくれた方が嬉しい。そうじゃなきゃ、お父さんのことを恨んじゃうかもしれない。でもコータは、ちゃんとその時の愛を信じて理解してあげることができるんだね」

「そんな上等なものじゃないよ。僕は馬鹿で弱いから、未来の苦しみよりも今の苦しみの方が怖いだけ。目の前でミナが苦しんでるのなんて見てられないもん。それなら、自分の命に代えてでも君を救いたい。そんなこと言ったら怒る?」

「うん、怒る。死んだら恨むよ。死ぬより辛い苦しみを与えてやる。来世は私のペットだね」

「それはそれで幸せそうだけど。でもミナが他の人と結ばれるのを見てるのは確かに辛いかも」

「ほんと、コータは私のことが大好きだねえ」

2019年8月6日公開

作品集『隣にいる君を探して』第11話 (全13話)

隣にいる君を探して

隣にいる君を探しては6話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 中野真

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF

"隣にいる君を探して 第11話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る