岡本尊文とその時代(九)

岡本尊文とその時代(第9話)

吉田柚葉

小説

1,998文字

私の「私」を葬らねばならぬとのおもいであった。

そこまで書いて私は鉛筆を置いた。どうも夜中は筆が滑り過ぎる。上着を着て、少し外を散歩し、家に戻ると、床に就いて目を瞑った。其れで何時の間にか眠ってしまったらしい、目覚まし時計の音で目が覚めた。私は、鬱屈した想いで、用を足しに行った。ひどく切れが悪かった。

部屋に戻ると、机上には、先程の原稿があった。原稿用紙で五枚。読み返すと、これは大凡研究とは言えない物だと感じた。主観が強すぎる。つまり「私」が出すぎている。私は、尿のだらしなかったのを引きずる気持で、もうどうにでもなれと感じた。どうせ私は、端から大した研究者ではないのだ。

と、そんな風におもうと、突然、ある考が私の中に起こった。

 

――もしかすると私は、本当は小説を書きたいのではないか

2019年5月6日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第9話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(九)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る