岡本尊文とその時代(十二)

岡本尊文とその時代(第12話)

吉田柚葉

小説

4,316文字

二〇一一年、宇宙の法則はインターチェンジしました。

翌日、フォーラムの出席を諾する旨の電子メールを宮崎氏に送信した。五分と間を置かずに、感謝を綴った文面が返って来た。

その明くる日には、amazonで注文した本が届いた。更にその次の日には、身に覚えの無い段ボールが届いた。宮崎氏が送って来たものであった。其れは『晴天の会』に関する資料であったり、気学に関する本であったりして、中には私が買った本と重複する物も含まれていた。しかるに私は、原稿執筆や大学での講義準備等の合間を見て其れらに目を通した。が、当然ながら走り読みで理解出来る物では無かった。加えて言えば、『晴天の会』の教えは、「気学」をベースに、「すべての哲学の原点」である「仏教」と、「宇宙と臨場感を共にする」とされる「引寄せの法則」を複合した物であるらしく、その複雑さは迷路を為す。が、其れでも頗る興味ふかく感ぜられる所以は、氏が著す文章の力に在る物とおもわれる。

 

  二〇一一年、宇宙の法則はインターチェンジしました。「行動学」の時代が来たのです。ほんの十年前までは、国民の生活に「平均」というものがあり、誰かがそこから落っこちそうになれば、他の誰かが手を差し出して、助けてあげることが出来ました。しかし今は、そうはいかない。落ちてしまった人間を助けてあげることは、もう誰にも出来ないのです。落ちた者は、自分で這い上がって来るしかない。良い・悪いではなく、そういう時代なのです。(猪原誠一郎『「気」に合わせる――宇宙を味方につける方法――』)

 

この猪原の著作は、『財団法人晴天の会』発足から二ヵ月後の二〇一五年一〇月に刊行された。冒頭から読者の不安を煽動する文章である。「良い・悪いではなく、そういう時代なのです。」と云う一文からは、尊文お得意の断定的なレトリックを見て取る事が出来るが……、果たしてどうか。この先を読めば明かなのだが、本書は、丁寧な「引寄せの法則」指南書、或いは明晰な自己啓発本として実に完成度が高く、尊文の小説やエッセイに見られる、ある種の「あいまいさ」とは殆ど無縁の文章なのである。

例えば、

 

2019年5月15日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第12話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(十二)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る