岡本尊文とその時代(十三)

岡本尊文とその時代(第13話)

吉田柚葉

小説

3,484文字

認めるか認めないかの二択であり、信じるか信じないかの二択である。

日々は慌ただしく過ぎた。

仕上げねばなぬ原稿が大量に溜まっていた上、来月の頭に予定している政治学者の白鳥幸地との対談のための勉強もせねばならず、尊文や『晴天の会』の事にまで手が回らぬまま二週間を数えた。

で、そのように忙しさや焦りのために眩暈を起しそうになると、『「気」に合わせる』で読んだ内容が頭をよぎるのである。すなわち、知らず知らず「ありがとう」を頭の中で延々と唱え始めたり、その時に感じた「不安な感情」をノートに書き出したくなる衝動に駆られるのであった。

しかるにそうした「教え」は決まって尊文の声で脳裏に響いた。

 

「不安」な感情を否定する必要はありません。人間の長い歴史の中、「不安」すなわち「警戒心」は、人間が進化し、生きていくために必要不可欠な感情でしたから、それを全く消してしまうことは、むしろ生理に反します。『感情』はしっかり感じきることが大切なのです。ですから、ネガティヴに感じる必要はありません。感情を擦り切れるほど感じきったとき、それはいつしか消滅してしまっていることにあなたは気づくでしょう。

 

私は速読が出来ない。故に、線を引きながらジックリ本を読み進めるのが常であるが、猪原の著作にあっては、殆ど走り読みのけしきであった。最初の数頁を読んで、厭な予感がしたのである。其れは、私の家系からして宗教と云うものに嵌り易い血筋である事が一つ、そしてもう一つは、私自身が深層心理でそうしたものを求めている感じがしたからであった。果たして私の予感は当たった。私はこの本にドップリ嵌まったと言わざるを得ない。

2019年5月18日公開

作品集『岡本尊文とその時代』第13話 (全41話)

岡本尊文とその時代

岡本尊文とその時代は1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"岡本尊文とその時代(十三)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る