絶滅者 19

絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー(第19話)

hongoumasato

小説

1,541文字

『暴力』ってやつを使えば、その時は自分の都合のいいように事を運べるだろう。だがな、しっぺ返しがいつか来るぞ。上を向いて唾を吐いてみろ。テメエの顔にかかるだろうが。同じことだ。

「代々、藤堂の女系には狂人が多い。理由は知らんがな。そのうち、お前みたいな化け物も出てくるだろうと思っていた」

「お前みたいな醜い人間に、化け物呼ばわりされる覚えはない」

「と、頭取に何てことを!」

ネズミが横から口を挟むが、ワタシもゴリラも無視した。

「で、何しに来た?」

猜疑心と狡猾さが溢れ出そうなゴリラの目。

「ヤクザから借金する。夜逃げする。果ては一家心中まで失敗しやがって。呆れたもんだな。心中ぐらい、しっかりやれ。お前達の訃報は、一族にとって朗報だ」

まただ。

小峰も同じことを言っていた。

ワタシ達が心中に失敗した?

「小峰と田端を殺して、さらし首にしたのはお前だな? ……やはり、うちの一族の女どもは狂っとる……」

ゴリラがぼやく。

ワタシが今回の猟奇殺人犯だとゴリラから聞かされても、他の幹部連中は半信半疑のようだ。

無理も無い。

目の前にいるのは、華奢で色白で小柄な十二才の少女。

「で、何のようだ? 俺達を殺すのか? 見たところ、武装もしてねえ。警察から警護の申し出があったが断った。四六時中、官憲どもにウロチョロされるなんざ、まっぴらゴメンだ。だが今回の猟奇殺人が、リストラへの復讐なのは見え見えだ。だから再犯防止のために、お巡りが銀行の周囲にウヨウヨいるぞ」

「警官が来るまでに、全て終わらせる。来たところで、警官が邪魔になるなら破壊するのみ」

幹部達の顔が蒼ざめる。

「狂人ぞろいの女系の中でも、お前は突出してやがる。だがな、ここにいる男達も全員、藤堂の血を引く者だ。藤堂の男を舐めんじゃねえ! 望月!」

望月と呼ばれた男が立ち上がる。

冴えない中年男達の中で、唯一強靭な体躯の持ち主。

「そいつは空手四段だ。銀行員全員が、お前の親父みたいに貧弱だと思ったか? その望月がお前の相手をする間に警報を鳴らす。警備員どもがすっ飛んでくる。異常を感じた表のお巡りどもも、雪崩を打って押し寄せてくる」

なるほど。

それで先程から、このゴリラは余裕だったわけだ。

身長がワタシより六十センチ以上は高い望月が、ワタシを見下ろし、睨み付ける。

そして彼は、空手の構えをとった。

あまりに滑稽なので、つい吹き出しそうになる。

次の瞬間、望月は固まっていた。

虚ろな目をして。

自分の腹部中央に、浅く差し込まれた日本刀。

理解不能だろう。

ゴリラを始め、幹部全員が茫然自失。

我に帰ったゴリラが、警報を鳴らそうと椅子を蹴って立ち上がる。

次の瞬間、ゴリラの目の前に立ちはだかるワタシ。

ギョロ目を、驚愕でさらに大きく見開くゴリラ。

ワタシはゴリラの腹も、浅く刺した。

「ウうぅッ……! こ、小娘、て、テメエ……! こんな事して……」

「こんな事? アンタ達がやった事に比べれば、大した事ない」

冷たい目で微笑みながら、ゴリラの苦痛に満ちた目を覗き込んだ。

ゴリラが、日本刀の柄を握っているワタシの手首を掴んだ。

「いいか、よく聞け。『暴力』ってやつを使えば、その時は自分の都合のいいように事を運べるだろう。だがな、しっぺ返しがいつか来るぞ。上を向いて唾を吐いてみろ。テメエの顔にかかるだろうが。同じことだ。失うものの方が多いんだっ……」

苦痛に喘ぎつつ、そんな講釈をたれるゴリラ。

「ワタシは家族を失った。これ以上失うものなんて、何も無い。それに、これは失ってしまった大切なものを取り戻すための破壊。アンタに暴力云々を語る資格は無い。貸し渋りやリストラで、どれだけ多くの人間を死に追いやった?」

無造作にゴリラから刀を抜いた。

「グワッ」と醜い苦痛の声を洩らすゴリラ。

先程から事の成り行きを、ただ呆然と眺めているだけの他の幹部達。

ワタシは、彼達を振り返った。

「ヒッ!」と、全員が恐怖で震え上がる。

ようやく分かったようだ。

目の前にいるのが非力な少女ではなく、怪物であることに。

2019年2月17日公開

作品集『絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー』第19話 (全46話)

© 2019 hongoumasato

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"絶滅者 19"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る